Menu
(0)

Search

「ザ・ボーイズ」監督、『The Last of Us Part II』を絶賛「傑作です」

The Last of Us Part II(使用可)
©Sony Interactive Entertainment LLC. Created and developed by Naughty Dog, LLC.

傑作サバイバルアクションの決定版『The Last of Us』の続編『The Last of Us Part II』が、2020年6月19日に発売された。本作を一足先にプレイした、『10 クローバーフィールド・レーン』(2016)「ザ・ボーイズ」(2019-)のダン・トラクテンバーグ監督が、自身のTwitterで絶賛の声を送っている。

「『The Last of Us Part II』をプレイさせて頂きました。傑作です。(クリエイティブ・ディレクターの)ニール・ドラックマンはもちろんのこと、全ての部門責任者、アーティスト、技術者、QAエンジニアなど、全員が最高レベルの能力を発揮しています。演技については、私がこれまでに見た全てのメディアの中で最も優れているものでした。」

称賛の声はこれだけに留まらず、トラクテンバーグ監督は「驚異的なサウンドデザインによって、グラフィックが更に向上していますね」とも語っている。「ストーリーテリング史上最も優れたストーリーの一つです」「恐ろしくて、美しかったです。『The Last of Us Part II』以上に新鮮な気持ちにさせられた作品はありません」。

また、トラクテンバーグ監督は「“優しくして頂けませんか”と思う場面も沢山ありました」と語っており、前作よりも暴力描写が更に過激化していることを予感させる。一方、本作について以前、ニール・ドラックマンは「前作よりも論争を招く作品になるかもしれません。実に刺激的な方法で、興味深い哲学的な問題をプレイヤーに投げかけています」と予告していた。つまり、プレイヤーの倫理観が問われるような鮮烈な物語が描かれることも十分にあり得るだろう。

『The Last of Us Part II』は、謎のウィルスによって荒廃したアメリカで、主人公ジョエルと少女エリーの危険な旅路が描かれた前作から5年後が舞台。逞しく成長したエリーはジョエルと共に、ワイオミング州ジャクソンの安全なコミュニティで、パトロール隊として活躍しながら、新しい仲間たちと共に平穏な日々を過ごしている。ところが、悲惨な出来事がエリーを襲い、ようやく取り戻した平和さえも奪われてしまうことに。エリーは人生を狂わせた者たちに復讐を果たすため、シアトルへと旅立っていく……。

あわせて読みたい

Source:  Dan Trachtenberg(1 , 2 , 3

Writer

南 侑李
minami南 侑李

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「まるで、映像を見ているかのように読者が想像できるような」文章をモットーに映画の記事を執筆しています。四六時中、「映画」のことばかり考えている映画人間です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly