Menu
(0)

Search

『The Last of Us Part II』は前作以上の論争招く、「哲学的な問題をプレイヤーに投げかける」とディレクターが予告

2020年6月19日に発売される、PS4ソフト『The Last of Us Part II』は、前作以上に賛否両論を呼ぶことになるかもしれない。本作の開発過程などを紹介するビデオシリーズ第一弾「The Last of Us Part II – Inside the Story」にて、クリエイティブ・ディレクターのニール・ドラックマン氏が語っている。

『The Last of Us Part II』は、謎の感染爆発によって荒廃したアメリカで、主人公ジョエルと少女エリーの危険な旅路が描かれた前作から5年後が舞台。エリーとジョエルは、ジャクソンという町の安全なコミュニティで、住民たちとの温もりあふれる交流を重ねながら、平穏な日々を過ごしている。ところが、再び悲惨な出来事がエリーを襲い、ようやく取り戻した平和さえも奪われてしまうことに。人生を狂わせた敵たちに復讐するべく、エリーはシアトルへと旅立っていく……。

開発を進めるにあたって、物語やテーマについての議論をチーム内で重ねてきたというドラックマンは、本作について「前作よりも論争を招く作品になるかもしれません。実に刺激的な方法で、興味深い哲学的な問題をプレイヤーに投げかけています。それらをプレイヤーたちがどのように解釈し、立場を示していくのかを試します」と自信をにじませる。前作『The Last of Us』は、気が滅入ってしまうような過激な暴力描写や人間の奥底に潜む闇を描いたほか、同性愛というセンシティブなテーマにも踏み込んだ。本作では、さらに強烈な演出やテーマが待ち受けているのかもしれない。

続編を製作するにあたって、ドラックマンは「素晴らしい作品を作り上げた後に、次回作に着手するとなると不安で仕方がないんですよこれまでに築き上げた特別感が台無しにならないかって」との胸中も明かしている。「僕たちの試練は、独立した、意義のある、そして前作に感じられたような重みのある物語を思いつくことが出来るかどうかでした。今回は第2作なので、要素を付け加えることもしないといけませんしね」。

PS4ソフト『The Last of Us Part II』は2020年6月19日発売。

あわせて読みたい

Source: PlayStation

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly