Menu
(0)

Search

マーベル『アントマン&ワスプ:クアントマニア』特別映像が公開

アントマン&ワスプ:クアントマニア
(c)Marvel Studios 2022

追記:日本語字幕版も公開となった。

マーベル・スタジオは2022年ブラジルコミコン(CCXP)にて、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)アントマン&ワスプ:クアントマニアの公開に向けた特別映像を公開した。

アントマン&ワスプ:クアントマニア
(c)Marvel Studios 2022

アントマン』(2015)『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)『アントマン&ワスプ』(2018)『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)といったアントマン登場過去作を振り返る内容が主。新規映像の解禁ではないものの、これまでのアントマンの軌跡を振り返り、最新作『クアントマニア』への期待を高める映像となっている。

宇宙の生命の半分が消されていた『アベンジャーズ/エンドゲーム』では量子世界を使ったタイムトリップの可能性に気づき、キャプテン・アメリカや、天才トニー・スターク(アイアンマン)らに伝えたアントマン。これをヒントにアベンジャーズは過去の時代からインフィニティ・ストーンを回収、サノスとの最終決戦へ繋がるアベンジャーズでも最も重要な役割を果たしていた。

本作では愛するホープ(ワスプ)、娘のキャシーら家族とともに幸せな日々を過ごしていたが、実験中の事故によってキャシー、ピム博士(ホープの父、初代アントマン)、ジャネット(ホープの母、初代ワスプ)と共に量子の世界に引きずり込まれてしまう。

誰も到達した事のない、想像を超えた世界で「手を貸すならば、家に帰してやる。さぁ どうする?」と接触してきた男こそが、コミックでは“征服者”として知られるカーン。MCUの次期ラスボス級ヴィランになるとされるカーンが、本作でついに本格登場する。

本作の監督は『アントマン』シリーズ前2作品を大ヒットへ導いたペイトン・リード(『イエスマン “YES”は人生のパスワード』など)が続投。脚本は次のアベンジャーズ映画作品『アベンジャーズ :カーン・ダイナスティ(原題)』も担当する事が噂されるジェフ・ラブネスだ。

キャスト陣は、ポール・ラッド(アントマン)、エヴァンジェリン・リリー(ワスプ)、マイケル・ダグラス(ハンク・ピム)、ミシェル・ファイファー(ジャネット・ヴァン・ダイン)、ジョナサン・メジャース(カーン)、キャスリン・ニュートン(キャシー)に加え、役柄は不明だがハリウッドのレジェンド俳優ビル・マーレイも参戦。

アントマン&ワスプ:クアントマニア』は2023年2月17日、全国劇場公開。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly