Menu
(0)

Search

『死霊館のシスター』全米No.1スタート!シリーズ最高&2018年ホラー映画最高のオープニング記録を樹立

死霊館のシスター
©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

全世界累計1,350億円超えの驚異的な興行収入を誇る、大ヒットホラー映画シリーズ『死霊館』の最新作『死霊館のシスター』が2018年9月21日(金)より全国公開される。このたび日本上陸に先がけ、本作が2018年9月7日(金)に全米公開されてシリーズの記録を塗り替えるオープニング成績を樹立したことがわかった。

死霊館のシスター
©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

実は本作、“悪魔のシスター・ヴァラク”が突如現れるYouTubeの広告映像が怖すぎるとして苦情が殺到、運営側に映像が削除されるなど、米国では劇場公開以前から大きな話題を呼んでいた。

このたび満を持して9月7日(金)に全米公開を迎えた『死霊館のシスター』は、公開後3日間で5,380万ドルを超える驚異的なオープニング成績を記録、『死霊館』シリーズ史上最高のスタートを切った。3週連続で1位に君臨した話題作『クレイジー・リッチ!』(2018)を抑え、注目のホラー映画『クワイエット・プレイス』の初動成績(約5,020万ドル)を抜き去って2018年No.1ヒットホラー映画として華々しいスタートを切ったのである。なお全世界興行収入は1億3,310万ドルを記録、本作が圧倒的な支持を得ていることが証明された形だ。

なお2017年には、同月(9月)に公開された『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)がホラー映画として歴代1位の興行収入を記録したことが記憶に新しい。しかし『死霊館』シリーズも、過去4作品すべてが歴代ホラー映画の世界興収ランキングで20位以内にランクインしているという記録を保持する。果たして『死霊館のシスター』のシスター・ヴァラクは、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の殺人ピエロ・ペニーワイズが打ち立てた記録にどこまで迫れるか。今後の動きにも注目したいところだ。

映画『死霊館のシスター』は2018年9月21日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー。IMAX上映、4D上映も決定しているため、この秋はぜひ全身で恐怖を体感して!

『死霊館のシスター』公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/shiryoukan-sister/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly