Menu
(0)

Search

ハリソン・フォード、テレビドラマ初主演へ ─ ドキュメンタリー「ザ・ステアケース」ドラマ化、妻殺し疑惑の実在作家演じる

ハリソン・フォード
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/33374885042

『スター・ウォーズ』『インディ・ジョーンズ』『ブレードランナー』シリーズをはじめ、数多の映画に出演してきた名優ハリソン・フォードが、キャリア史上初のテレビドラマ主演に臨むことになりそうだ。米Varietyによれば、新作ドラマ「ザ・ステアケース(原題:The Staircase)」にてハリソンが主演を務めることになるという。

「ザ・ステアケース」は、2004年製作の犯罪ドキュメンタリー「ザ・ステアケース 〜階段で何が起きたのか〜」(2018年に増補版が製作され、Netflixオリジナル作品として配信中)をドラマ化するもの。2001年、妻を殺害したとの疑いをかけられたアメリカ人作家マイケル・ピーターソンの裁判を描く物語だ。妻は階段から転落して死亡したのだと説明するマイケルだったが、警察はマイケルに対して、“妻を殺害してから事故に偽装した”との疑いを抱いたのである。


キャリアの初期には時折テレビドラマやテレビ映画に出演していたハリソンだが、『スター・ウォーズ』への起用後、ほとんどテレビ作品には出演していない。今回の報道によると、ハリソンは主演のみならず製作総指揮も兼任。シリーズの脚本・製作総指揮には、「The Sinner -記憶を埋める女-」(2017-)のアントニオ・カンポスが就任した。数々の映画・ドラマで脚本家・監督・プロデューサーとしてマルチに活動し、トム・ホランド&セバスチャン・スタン主演のNetflix映画『The Devil All the Time(原題)』では監督を務めている人物である。なお、米アンナプルナ・テレビジョンが製作を担当している。

2020年7月で御年78歳を迎えるハリソンは、今年(2019年)にはアニメ映画『ペット2』でキャリア初の声優業に挑戦。これまで取り組んできた実写映画にとどまらず、ますます活動の幅を広げつつある。なお、2020年には『インディ・ジョーンズ』第5作(タイトル未定)の撮影も開始される見込み。ドラマが順調に進めばしばらく非常に忙しくなりそうだが、くれぐれも身体には気をつけて、無理のない活動を継続してほしい…!

あわせて読みたい

Source: Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly