Menu
(0)

Search

『ザ・スーサイド・スクワッド』ジョーカーは再登場せず ─ ジェームズ・ガン監督、検討しなかった理由明かす

スーサイド・スクワッド
SUICIDE SQUAD and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © 2016 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガンDCコミックスの悪党集団を新たに映画化する、『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』(2021年8月13日公開)。デヴィッド・エアーによる『スーサイド・スクワッド』(2016)に登場した、ハーレイ・クインキャプテン・ブーメランらおなじみのキャラクターが一部再登場するも、どうやらジョーカーはしないようだ。

『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』は、全員終身刑の囚人14人が、減刑と引き換えに政府から極秘指令を受け、成功率0%のデス・ミッション、全世界の脅威となる“怪獣”計画の阻止に挑むサバイバル・アクション。それぞれが世界を救うため縦横無尽に暴れまくる本作にDC屈指の人気キャラクター、ジョーカーを登場させなかった理由は何だろう。

The New York Timesのインタビューにてガン監督は、「ジョーカーについて登場させることは考えませんでした」と説明している。脚本段階でも検討さえしなかったようで、そもそもジョーカーを本作に登場させる意味が理解できない様子。「スーサイド・スクワッドにジョーカーが入る理由が分かりません。このような戦況では役に立たないでしょう」。ジョーカーといえば、冴えた知能を活かして相手を容赦なく追い詰めていく“犯罪界の道化王子”。何でもありな戦場と化した場所では、ジョーカーの本領は発揮できないということだろう。

ジョーカーは残念ながら再登場しないが、本作にはハーレイ・クインやキャプテン・ブーメランをはじめ、大きな銃を軽々と片手で構える強面はピースメイカー、お腹を満たすことしか考えていない半分人間で半分サメのキング・シャークなど、ヤバいキャラクターたちも新たに勢揃いしている。生きるか死ぬかの戦場での彼らの勇姿を見届けよう。

映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』は、2021年8月13日公開。

Source: The New York Times

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly