Menu
(0)

Search

DC映画『ザ・スーサイド・スクワッド』新予告編が米公開 ─ ピースメーカーにメンバーも引き気味

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結
© 2021 WBEI TM & © DC

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガン監督によるDC映画ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』より、新たな米予告編が公開された。

ジェームズ・ガン監督は「今日はエイプリルフールだけど、このスーパーヴィランたちがアマンダ・ウォーラーと仕事するってことが、それこそジョークだよね」としてTwitterに映像を投稿。本国では3月31日より劇場限定で公開されていた予告編のようだ。新規映像も多く含まれている。

2016年のデヴィッド・エアー版『スーサイド・スクワッド』同様、今回もムショの悪党たちがアマンダ・ウォーラーによって集められている。任務を完遂すれば、10年の刑期短縮の恩赦が得られること、指令に従わない場合は頭部に埋め込んだデバイスが爆発することが告げられ、チームを組むこととなった一同。ジョエル・キナマン演じるリック・フラッグは、「好きでも嫌いでも、こいつらとは今後数日間、兄弟姉妹だからな」と告げている。

悪党たちの能力が垣間見えるド迫力アクションの連続の中でも、注目はジョン・シナ演じるピースメーカーのセリフだ。ピースメーカーは平和のためなら殺人もいとわない、「軽蔑すべきキャプテン・アメリカ」のような男。この度の映像内では、「俺は心から平和を願っている。そのためなら男だろうが女だろうが子供だろうが、何人殺してもいいと思ってる」とぶっ飛び発言。これには他メンバーもドン引き気味で、「あなたの方がヤバい人だと思ってた」と言われたポルカ・ドット・マン(デヴィッド・ダストマルチャン)ですら「そうだね……」と返すのがやっとだ。

大ヒットを記録した『スーサイド・スクワッド』(2016)から5年、常識や過去に囚われないスーサイド・スクワッドは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガンを監督・脚本に迎えて“完全なる再構築”を果たす。

映画『ザ・スーサイド・スクワッド ”極”悪党、集結』は2021年夏、全国公開予定。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly