『マイティ・ソー バトルロイヤル』早くもシリーズ第1作の総興行成績を突破へ ― 世界興収4億ドルを公開直後に達成予定

マーベル・シネマティック・ユニバース作品の最新作、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』が恐るべきロケットスタートを切ろうとしている。
Deadlineによると、日米ほかでの劇場公開日である2017年11月3日から3日間で、全世界興行収入が早くも4億ドルを突破する見込みだというのだ。シリーズ第1作『マイティ・ソー』(2011)の総興行収入は約4億4,490万ドルだったため、11月5日時点で第1作の成績を超える可能性も出てきたのである。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』は、日米に先がけて世界各国にて劇場公開がすでにスタートしている。イギリス、フランス、オーストラリア、台湾、韓国など世界36市場では10月25日前後に封切られていたのだ。10月31日(米国時間)、Deadlineは海外興収が1億900万ドルを記録していること、11月1日(米国時間)時点で1億5,000万ドルに達する見込みであることを報じている。


こうした動きの中、本作は11月3日に米国、カナダ、中国、日本、ドイツ、ロシア、メキシコにて劇場公開がスタートする。かねてよりの積み重ねに、北米・中国という巨大市場での収入が加わって4億ドル超えが達成されるというわけなのだ。
業界の予測によると、北米では11月3~5日の3日間で1億ドル~1億2,000万ドル、中国では5,000万ドルの収入がすでに見込まれているという。新たに公開される各国も含め、そのほか諸外国での健闘も十分予想されるため、4億ドル超えは十分に実現可能な状況だ。

ちなみに11月には、ワーナー・ブラザース/DCコミックス作品『ジャスティス・リーグ』の劇場公開も控えている。数週間空けての激突とあって、どちらに軍配が上がるのかも楽しみなところだ。

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は2017年11月3日より全国ロードショー
2017年のマーベル・シネマティック・ユニバース作品を締めくくる一作をぜひ劇場で!

Sources: http://deadline.com/2017/10/thor-ragnarok-huge-box-office-opening-100m-preview-a-bad-moms-christmas-1202198961/
http://deadline.com/2017/10/thor-ragnarok-opening-weekend-results-blade-runner-china-coco-international-box-office-1202196942/
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。