Menu
(0)

Search

『マイティ・ソー バトルロイヤル』は伝説のアーティスト/ライター、ジャック・カービーへの「ラブレター」 ― マーベル社長と監督が語る

2017年8月28日、アメリカン・コミックにおける伝説のアーティスト/ライターであるジャック・カービーの誕生から100年を迎えた。キャプテン・アメリカの生みの親であり、X-MENやファンタスティック・フォーなど数えきれないほどのヒーローやヴィラン、キャラクターたちを世に送り出してきたカービーは、スタン・リーと並んでまさしく“レジェンド”と呼ばれるべき存在である。

いまやマーベル・シネマティック・ユニバースに欠かせないヒーローであるソーも、カービーの手でシルバーエイジ期に描かれたキャラクターのひとりだ(“Journey into Mystery”83号、1962年8月刊)
カービーの生誕100年を迎えた8月28日(現地時間)、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長はカービーへの敬意を表するとともに、シリーズ最新作『マイティ・ソー バトルロイヤル』への思いを語った。

まさしくジャック・カービー・スタイルというべき、原題“Thor: Ragnarok”の新たなロゴとともに、ファイギ社長はこう綴っている。

「彼の存在なくしてマーベル・シネマティック・ユニバースは存在しなかったでしょう。『マイティ・ソー バトルロイヤル』は、彼のビジョンに対する恥ずかしげもないラブレターです。キングにハッピー・バースデーを。永遠に。」

またメガホンを取るタイカ・ワイティティも、米エンターテインメント・ウィークリー誌に対して、本作がジャック・カービーの仕事に強くインスパイアされていることを明かした

(映画の)見た目はジャック・カービーや彼のアートにすごく影響を受けたんだ。ソーのコミックの、宇宙でトリップするような感じが大好きでさ。[中略]この映画はクールで大胆で、カラフルなコズミック・アドベンチャーなんだよ。」

『マイティ・ソー バトルロイヤル』の予告映像は、すでにその彩り豊かなビジュアルが話題を呼んでいる。大スクリーンで、観客の目にはどんなふうに映ることだろうか……。

なお米マーベル・エンターテインメントは、ジャック・カービーの生誕100年を記念した特別企画をウェブサイトで実施している。カービーの手がけたキャラクターやアートのほか、さまざまな映像、またカービーについて語られたポッドキャストも配信されているのでぜひチェックしてみてほしい。

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は2017年11月3日より日米同時公開

Sources:?http://screenrant.com/thor-3-ragnarok-jack-kirby-influence/
http://screenrant.com/chris-hemsworth-liberated-thor-ragnarok-short-haircut/
Entertainment Weekly August 18-25, 2017
Eyecatch Image:?https://twitter.com/Kevfeige/status/902238077426343936

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly