Menu
(0)

Search

『マイティ・ソー バトルロイヤル』ハルクはなぜ話すのか、なぜ賢くなったのか?タイカ・ワイティティ監督、真意を力説

マーベル

映画マイティ・ソー バトルロイヤルに登場するハルクは、これまでの作品に登場した“緑色の怪物”とはワケが違う。言葉を話し、時には落ち着き払って行動するのだ。そう、明らかに賢くなっているのである。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)で姿を消してから再登場に至るまで、ハルクの身にはいったい何があったのか。製作陣は、なぜハルクをきちんと知性の伴った存在として描くことを決意したのか。タイカ・ワイティティ監督が米国メディアのインタビューでその意図を力説している。

注意

この記事には、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』の軽微なネタバレが含まれています。

マイティ・ソー バトルロイヤル
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

ブルース・バナーとハルク、ふたつの人格

「なぜハルクは話すのか?」という問いについて、ワイティティ監督は早くからひとつの答えを明らかにしていた。2017年7月、米IGNの取材にて、監督は「二重性」という言葉を使うことでその意図を語っている。

「ハルクと(ブルース・)バナーの二重性にいつも魅力を感じてきました。それから、二人の脳が内側でどう繋がっているのかってことに。ハルクを描きながら、そこに時々バナーの存在を示せないか? バナーを描きながらハルクの人格を見せられないか?って思ったんです。身体の主導権をめぐって戦う――本当に戦うんですけど――そういうところを描くのはこの映画が初めてだと思います。それからハルクが言葉を話すのも。言葉を認識して、話すことができるハルクはコミックには存在するんですけどね。」

すなわちハルクが言葉を話せるという設定には、二人の人格が一つの身体に同居していることをきちんと示したいという意図があったのだ。そういえば演じるマーク・ラファロは、ハルクが喋ることは「アイデンティティの分裂した人間を二人の個人にする」ことの始まりなのだと述べていた

より俳優を活かせる「思考するハルク」へ

もちろん、『マイティ・ソー バトルロイヤル』のハルクはただ喋れるだけではない。喋れるという設定を持たせた上で“あえて喋らせない”ことによって、そこにキャラクターとしての厚みを与えていくのだ。
CBR.comのインタビューで、ワイティティ監督は「マーク(・ラファロ)にとって演じがいのある役柄にしたかった」と話している。

「(これまでの)映画では一言二言喋って、ただすべてを破壊していましたよね。多くの人が知るハルクとはそういうものだと思います。でも、今回の賢いハルクはもっと興味深くて魅力的な存在になっているんですよ。だって、彼は2年間ずっとハルクなんですから。この惑星(サカール)の英雄になって、自分を受け入れる時間もしっかりあって、自分自身に満足しているんです。」

そこで監督が見せようとしたのは、じっと黙って思考するというハルクのイメージだった。それはブルース・バナーとは異なる人格が、バナーと同じ身体で何かを考えているという様子だ。

「いまやハルクは黙って座っていることもできれば、ゴリラのように見える時もあるんです。自分の部屋で大きなバスタブに浸かる場面もあります。まるで『地獄の黙示録』(1979)のカーツ将軍みたいでしょう。じっと座って何かを見つめていますし、頭の中ではいろいろ考えているように見えますよね。内省的で静かなハルクは、単純にすべてを破壊する男よりも魅力的だと思っています。」

この言葉通り、『マイティ・ソー バトルロイヤル』で描かれるブルース・バナー/ハルクはもはや「怪物に変身する科学者」ではない。本編で描かれる、従来作品とは少し違ったかたちの心理の機微を見逃さないようにしよう。
また本作は「ハルク3部作」の第1弾とも形容されるだけに、ここからその存在がどのように変化していくのか、そして『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』でどんな活躍が見られるのかという点にも注目したい。変化を経たブルース・バナー/ハルクを、アベンジャーズのメンバーはいかに受け止めることになるのだろうか?

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は2017年11月3日より全国の映画館にて公開中。

Sources: https://www.cbr.com/thor-ragnarok-smarter-hulk-explained/
http://www.ign.com/articles/2017/07/23/how-thor-ragnarok-pays-homage-to-planet-hulk
https://www.cbr.com/thor-ragnarok-hulk-talks/

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly