Menu
(0)

Search

『マイティ・ソー バトルロイヤル』ヘラ役ケイト・ブランシェット、出演決意の3つの理由明かす ─ 「トナカイになった気持ち想像」

マイティ・ソー バトルロイヤル
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

マーベル・シネマティック・ユニバース最新作マイティ・ソー バトルロイヤル死の女神ヘラを演じるケイト・ブランシェットが、同作への出演を決意した3つの理由を語った。

LA Timesに明かした所によると、その3つの理由とは(1)監督がタイカ・ワイティティであったこと、(2)死の女神の役であったこと、(3)そしてマーベル映画のヴィランにはまだ女性が存在していなかったことだという。

ただし、これまでのマーベル・シネマティク・ユニバースに、主人公らと敵対する女性キャラクターが全く存在しなかったわけではない。たとえば『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)序盤のスカーレット・ウィッチや『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)のネビュラ、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)のアイーシャも存在感を放っている。しかし、「メイン・ヴィラン」として大々的に登場した女性キャラクターは、確かにヘラが初となる。

公開された予告編では、ソー最強の武器であるハンマー(ムジョルニア)を片手で安々と握り砕いてみせたヘラ。原作においても最強クラスのヴィランを演じるにあたっては、ツノがあちこちに伸びた印象的な頭飾りがヘラの強力な位を示すのに役立っていたと語る。ただし、「あの頭飾りを実際に被ったのは、フォト・シューティングの時だけ」と語っていることから、劇中の頭飾りは全てCGで描かれるようだ。ケイトは、撮影中は「トナカイになった気持ちを想像しました」と振り返る。

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は2017年11月3日、日米同時公開。

Source:http://www.latimes.com/entertainment/herocomplex/la-ca-mn-sneaks-thor-newcomers-20170903-htmlstory.html

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly