Menu
(0)

Search

クリス・ヘムズワース、ソー役は第1作でクビになるんじゃないかと不安だった「自分がいる価値はあるのだろうかと」

メン・イン・ブラック:インターナショナル バリ レッドカーペット
©THE RIVER

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『マイティー・ソー』シリーズに10年以上も主演しているクリス・ヘムズワース。今となっては、ヘムズワース以外の俳優がソーを演じる姿は想像できないが、本人は第1作の撮影中にマーベル・スタジオから解雇されるのではないかと不安になっていたのだという。

オーストラリアTodayの取材に登場したヘムズワースは、シリーズ最新作『ソー:ラブ&サンダー』にジェーン・フォスター役でカムバックしたナタリー・ポートマンとの再共演について訊かれ、ソーを演じた歴史を振り返っている。

「『アベンジャーズ』映画の前作もそうだったけど、(『ソー:ラブ&サンダー』も)僕にとってはノスタルジアの塊だったんです。10~11年も演じていますからね。最初にソーを演じたのはナタリー・ポートマンの相手役で、僕の駆け出しの仕事の一つだったんですが、クビになるんじゃないかとか、何も上手くいかないんじゃないかとか、ファンが僕のバージョンのキャラクターを受け入れてくれないんじゃないかと心配し続けていたんです。彼女(ポートマン)が僕を十分だと思ってくれているのか、そこに居る価値があるのだろうかとか、色々と考えました。」

オーストラリア出身のヘムズワースは、『マイティ・ソー』(2011)に主演するまでアメリカでは無名だったため、ハリウッドの超大作映画の主演にかなりナーバスになっていた様子。しかも相手役が、『ブラック・スワン』(2010)でアカデミー賞主演女優賞に輝いた大スター、ナタリー・ポートマンとなれば、そのプレッシャーたるや想像を絶するものがあったのではないだろうか。

しかし、それは今となっては遠い昔の思い出となり、『ソー:ラブ&サンダー』はMCUの単独映画で初めて第4作が製作されるほどの人気シリーズに。最新作ではポートマンとの共演が再び実現したが、その再会についてヘムズワースが、こう語っている。

「10年後に再会して、色んな意味で僕たち自身も人生も劇的に変化したし、キャラクターも変化を遂げています。ソーは、第1作で居た場所とは全く違う場所にいると思う。そして今、ジェーン・フォスターが登場してスーパーパワーを手にし、彼女自身もスーパーヒーローになるんです。そのおかげで、カメラ上でのダイナミズムが楽しくなったよ。」

『ラブ&サンダー』はヘムズワースにとってMCUで9作目、ポートマンにとっては3作目となる。将来的に2人がMCUにカムバックするかどうかは未知だが、まずは2022年7月8日に公開される『ソー:ラブ&サンダー』で、ソー&ジェーンが再び見せてくれるケミストリー&ダイナミズムを楽しみたい。

Source:YouTube

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly