Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『ソー:ラブ&サンダー』ラスト登場のアイツ、やっぱりダジャレだった

ソー:ラブ&サンダー
©Marvel Studios 2022

この記事には、『ソー:ラブ&サンダー』のネタバレが含まれています。

ソー:ラブ&サンダー
©Marvel Studios 2022

コーグの恋人「ドウェイン」、やっぱりドウェイン・ジョンソンが元ネタだった

ソー:ラブ&サンダー』でソーはガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーと別れた後も、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)で仲間になったクロナン人のコーグと行動を共にする。全身が岩で出来ているコーグは怪力の持ち主だが、性格はおっとりしていて、ソーにとって欠かせない存在だ。

最新作でソーは恋人だったジェーン・フォスターと再会して恋心を再燃させたが、映画のラストではコーグにも“いい人”が登場。溶岩のプールサイドでパートナーの“ドウェイン”と手を繋いでいる姿がフィーチャーされ、2人に赤ちゃんが出来たことを明かしていた。

ドウェインは同様にクロナン人で、その名前とビジュアルにより、どうしても“あの人”を連想してしまう……。そう思った人は少なくなかったようで、ファンの一人が「事実:コーグの恋人の名前はドウェインだ」とコメントを添えてコーグの恋人の画像をツイート。すると、この投稿にタイカ・ワイティティ監督が「偶然じゃないよ」と反応岩(ロック)で出来たドウェインは、『ワイルド・スピード』や『ジュマンジ』シリーズで知られるドウェイン・“ザ・ロック”・ジョンソンにかけたダジャレだと明かしている。

『バトルロイヤル』で監督に就任したワイティティは、ふんだんにコメディ要素を投入してシリーズのリブートを成し遂げたと称賛されたが、そんな監督のユーモアのセンスは、こんなちょっとした所にも隠されていたようだ。

映画のラストで「ソーは帰って来る」と告知されていたが、コーグとドウェイン、そして2人の赤ちゃんもMCUにカムバックすることを期待したい。『ソー:ラブ&サンダー』は公開中。

Source:Twitter

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly