Menu
(0)

Search

『ソー:ラブ&サンダー』ソーとジェーンの恋の行方は?タイカ・ワイティティ監督が意味深発言

ソー:ラブ&サンダー
©Marvel Studios 2022

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『ソー:ラブ&サンダー』では、ジェーン・フォスターがムジョルニアを手に入れ、“マイティ・ソー”としてシリーズに帰ってくる。その活躍ぶりに期待が集まっているが、もうひとつ気になるのは、ソーとの恋の行方だ。果たして、描かれることはあるのだろうか?

天文物理学者のジェーン・フォスター(ナタリー・ポートマン)と、雷神ソー(クリス・ヘムズワース)は、『マイティ・ソー』(2011)にて運命的な出会いを果たし、やがてふたりは恋人関係へと発展。“アスガルド”と“地球”という桁違いの規模感での遠距離恋愛のなか愛を育むも、『マイティー・ソー バトルロワイヤル』(2017)では、そんなソーとジェーンが別れたことを示唆する台詞が登場していた。恋人関係が解消となった理由は定かでないが、『ソー:ラブ&サンダー』にてふたりのロマンスが再熱することを望んでいるファンも多くいるはずだ。

『ソー:ラブ&サンダー』を「スーパーヒーローと宇宙が登場する、愛についての映画です」と語るのは、前作に引き続き監督を務めるタイカ・ワイティティEmpireのインタビューにてワイティティ監督は、「僕がこれまで少し否定的だったものを受け入れ、ラブというアイデアを探求し、その愛を信じている登場人物たちを見せたいと思ったんです」と説明を続けている。

本作が愛を題材とした作品であることは間違いないようだが、それはいわゆる恋愛に限ったことではなさそうだ。ワイティティ監督は、「ほとんどの方は、クリスとナタリーのラブストーリーだと思うでしょうね」といい、「この映画で起こるだろうとみんなが思っていることが、実際に登場するとは約束できません」と話している。ジェーンとソーが再び惹かれ合い、恋人として復縁する可能性は低いのかもしれないが、“ふたりのソー”として共闘する姿には期待できそうだ。

映画『ソー:ラブ&サンダー』は、2022年7月8日に日米同時公開公開。

あわせて読みたい

Source:Empire

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly