Menu
(0)

Search

『ソー:ラブ&サンダー』クリス・ヘムズワース全裸、本人もノリノリだったみたい ─ 監督「見せないなんて、人類への罪」

ソー:ラブ&サンダー
©Marvel Studios 2022

この夏、クリス・ヘムズワースがスクリーンで全裸になる。

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『マイティ・ソー』最新作、『ソー:ラブ&サンダー』の予告編では、ソーがラッセル・クロウふんするゼウスと対面する場面が登場し、大きな話題を呼んでいる。「何者だ、お前の正体を見せろ」と言われるがままに、神による力で強制的に全裸にさせられてしまうソー。それも元恋人のジェーンことマイティ・ソーをはじめ、ヴァルキリーやコーグらにまで見られている場のなかでだ。「見せすぎた、クソッ!」とソーがこぼすなかで、ゼウスの隣にいた人物たちは失神していく。どうやら、このシーンは脚本開発の初期段階から検討されていた要素だったという。

こう語ってくれたのは、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)に引き続き監督を務め、共同脚本を担当したタイカ・ワイティティComicBook.comのインタビューにてワイティティ監督は、このヌードシーンについて「僕たちはみんな、かなり早い段階からやりたいと考えていました」と説明している。気になるのはクリス・ヘムズワースもやりたがっていたのかどうかだが、どうやら“みんな”という中に本人も含まれているようだ。“あれだけムキムキなのだから披露しないのはもったいない”という理論である。

「脚本の最初のドラフトにもあったことで、クリスも同じように乗り気でした。クリスのような体格の持ち主ともなれば、彼自身でさえも理解してくれると思うんです。だって、見せないのはもったいないですから。そんなの人類に対する罪です。だからみんなのために、見せてあげなきゃでしょ。

ギフトです」と、ワイティティはサービスショットであるとジョークをかます。実は同シーン、YouTubeで確認すると、“リプレイ回数が最も多い部分”と表示されている。YouTubeで何回も繰り返し再生するのもいいが、まさしくビッグスクリーンで拝むべき見逃し厳禁な場面のはず……だ。

Source:ComicBook.com

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly