Menu
(0)

Search

『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』にスター・ロード役クリス・プラットが参戦 ─ 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』より

クリス・プラット
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/29850075278/ Remixed by THE RIVER

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品マイティ・ソー/ラブ&サンダー(原題:Thor: Love and Thunder)』に、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズでスター・ロード/ピーター・クイル役を演じているクリス・プラットが出演することがわかった。米The Hollywood ReporterDeadlineなど複数のメディアが報じている。

MCU史上初となる“単独映画第4作”の『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』では、前作『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)を手がけたタイカ・ワイティティが脚本・監督を担当。物語の内容は謎のベールに包まれているが、いまやMCU名物となったクロスオーバーが発生することは確かだろう。

もっとも、スター・ロード役のクリスが本作に登場するのは不思議なことではない。なぜなら『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)のラストにおいて、ソーはガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの面々とともに宇宙へ旅立ったからだ。むろん気になるのは、クリス以外の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』メンバーが登場するかどうか。以前、ドラックス役のデイヴ・バウティスタは「ソーはガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの何人かと一緒になる」語っていたが、このコメントが正しければ、登場するのはスター・ロードだけではないということになる。タイカ・ワイティティ節で描かれるガーディアンズ・オブ・ギャラクシー、今から期待すべし。

本作には主人公ソー役のクリス・ヘムズワース、ジェーン・フォスター役のナタリー・ポートマン、ヴァルキリー役のテッサ・トンプソンが復帰するほか、ヴィラン役で『ダークナイト』3部作や『フォードvsフェラーリ』(2019)のクリスチャン・ベールが出演。撮影は2021年1月からオーストラリアにて実施される。

映画『マイティ・ソー/ラブ&サンダー(原題)』は2022年2月11日に米国公開予定。

あわせて読みたい

Sources: The Hollywood Reporter, DeadlineVariety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly