Menu
(0)

Search

伊坂幸太郎『マリアビートル』ハリウッド版に『ジョーカー』ザジー・ビーツ出演決定

Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Zazie_Beetz_(29922477238).jpg | CC BY-SA 2.0

数々の映画化作品を持つ小説家・伊坂幸太郎のマリアビートル』をハリウッドで実写化する『Bullet Train(原題)』に、『デッドプール2』(2018)『ジョーカー』(2019)などのザジー・ビーツが出演することがわかった。Deadlineが報じた。

伊坂幸太郎の『マリアビートル』は、東北新幹線を舞台に、乗り合わせた殺し屋たちの任務や思惑が交錯するスリラー作品。物語は『グラスホッパー』と地続きになっている。

ザジー・ビーツの演じる役人は不明。原作『マリアビートル』に登場する主な女性キャラクターには、運のない殺し屋の「天道虫」七尾に電話で指示を送る真莉亜がいる。

この度の映画版では、『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019)『デッドプール2』(2018)などのアクション映画で知られるデヴィッド・リーチが監督を、プロデューサーは、『イコライザー』シリーズや『マグニフィセント・セブン』(2016)などの監督で知られるアントワーン・フークアや『アトミック・ブロンド』(2017)ケリー・マーコミックらが務める。

主演にはブラッド・ピットが決定済みで、ほか日系俳優のアンドリュー・コージが出演することも分かっている。また、『キスから始まるものがたり』シリーズのジョーイ・キングも参加するほか、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)や『TENET テネット』(2020)アーロン・テイラー=ジョンソンも出演する

ザジー・ビーツは1991年生まれ。『デッドプール2』や『ジョーカー』で重要な役を演じているほか、ドラマ「アトランタ」(2016-)出演でも人気を博している。

Source:Deadline

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly