Menu
(0)

Search

『ハウス・ジャック・ビルト』作品を読み解く5枚のキーワードポスター、その意味は ─ 監督「シリアルキラー映画ではない」

ハウス・ジャック・ビルト
(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KÖLN

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(2000)『ニンフォマニアック Vol.1/Vol.2』(2013-14)などの鬼才ラース・フォン・トリアー最新作ハウス・ジャック・ビルトが2019年6月14日(金)に日本公開される。

このたび、「MATERIAL(素材)」「MUSIC(音楽)」「ARTWORK(美術)」そして「Serial Killer(連続殺人犯)」というキーワードからデザインされたジャンル別スペシャルポスターが5種類到着。グッズが手に入るキャンペーンの実施も決定した。

『ハウス・ジャック・ビルト』キーワードが意味するもの

公開されたジャンル別スペシャルポスターのキーワードは、いずれも『ハウス・ジャック・ビルト』という作品に強く結びついている。ここで一枚ずつ、その意味を紐解いていくことにしよう。

MATERIAL(素材)

「MATERIAL(素材)」は、建築家になる夢を持つジャックが、“理想の家”の“理想の素材”に思いを巡らせながら模型を真剣な眼差しで模型を見つめる、まるで建築家のドキュメンタリーのようなデザインだ。

ハウス・ジャック・ビルト
(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KÖLN

MUSIC(音楽)

「MUSIC(音楽)」は、ボブ・ディランのコンサートツアーを記録したドキュメンタリー映画『ドント・ルック・バック』(1967)から、ミュージック・ビデオの先駆け的存在として知られる「Subterranean Homesick Blues」のシーンにオマージュが捧げられたもの。ジャックが手に持つ“LOVE”や”EGOTISM”という言葉からは恋愛音楽映画を想像するが……。

ハウス・ジャック・ビルト
(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KÖLN

ARTWORK(美術)

「ARTWORK(美術)」は、ドラクロワによる1822年の絵画「ダンテの小舟」をジャックと謎の男ヴァージが再現した一枚。まさに絵画そのものをイメージしたデザインだが、気になるのは元の絵画とは左右が反転しているところ。果たしてそこに意味はあるのか?

ハウス・ジャック・ビルト
(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KÖLN

Serial Killer(連続殺人犯)

ジャックをストレートに表した「Serial Killer(連続殺人犯)」の2枚には、鏡に向かうジャックと、血まみれの“何か”を引きずるジャックの姿がデザインされている。

しかし監督のラース・フォン・トリアーは「シリアル・キラーとは、あるひとつのジャンルを示す要素でしかありません」と断言する。「既存のジャンルから出発し、それとは相反するような映画をずっと作ってきました。この映画も本当の“シリアル・キラーもの”ではないんです。そもそも、それほど挑発的な映画だとすら思いませんよ」。どんな展開が観客を待つのか、作品の真のジャンルはいかに。

ハウス・ジャック・ビルト
(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KÖLN
ハウス・ジャック・ビルト
(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KÖLN

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly