Menu
(0)

Search

『DUNE/デューン』ティモシー・シャラメ、オススメの出演映画を厳選紹介 ─ ウェスやグァダニーノ監督新作、ウィリー・ウォンカ前日譚ほか今後の出演作も

ティモシー・シャラメ
WENN.com 写真:ゼータ イメージ

2021年における最大の超大作、『DUNE/デューン 砂の惑星』がついに公開を迎えた。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督にとって、『ブレードランナー2049』(2017)以来となる世界待望の最新作では、『君の名前で僕を呼んで』(2012)にて彗星のごとく現れ一躍有名となった若手俳優、ティモシー・シャラメが主演を務めた。

ドゥニ・ヴィルヌーヴをはじめ、ルカ・グァダニーノ、クリストファー・ノーラン、スコット・クーパー、グレタ・ガーウィグ、ウディ・アレン、ウェス・アンダーソンなど、名だたる監督たちの作品に出演してきたティモシー・シャラメは、かねてよりヴィルヌーヴと仕事を共にしたかったようで、「まさに夢が叶った瞬間」だったと話していた。同作では、“未来が視える”能力を持ち、全宇宙を救うため砂の惑星を救うため立ち上がる主人公、ポール・アトレイデス役を演じている。

デューン
https://youtu.be/n9xhJrPXop4

『DUNE/デューン 砂の惑星』を観終えて、ティモシー・シャラメに魅了された方も多いだろう。本記事では、そんなシャラメがこれまでに出演してきた作品を厳選していくつか紹介するとともに、今後の待機作についても簡単におさらいしたい。

ティモシー・シャラメ オススメの出演作

『君の名前で僕を呼んで』(2017)

ティモシー・シャラメがアカデミー賞主演男優賞の初候補入りを果たした作品で、その名を世界中に轟かせた映画だ。アカデミー賞では主演男優賞のほか、作品賞・歌曲賞・脚色賞にもノミネートされ、脚色賞では見事に受賞を果たした。

1983年、イタリアの避暑地。エリオ(ティモシー・シャラメ)は、両親ともに別荘で夏を過ごしにやって来た。ほどなくして、オリヴァー(アーミー・ハマー)という父の教え子が合流する。17歳と24歳、歳の離れたふたりは惹かれあうが、初めて抱く男性への恋心に戸惑い、なかなか素直になれないエリオ。それでも、ふたりの距離は徐々に縮まっていき、やがて告白のときが訪れる。同時に、夏の終わりも迫っていた。

生涯忘れられない、胸が張り裂けるような恋の痛みと喜びを描くまばゆい傑作。絵画のように美しい色彩や、シャラメの繊細かつ瑞々しい演技にも魅了されるだろう。監督を務めたルカ・グァダニーノは、本作のほか、『胸騒ぎのシチリア』(2015)『サスペリア』(2018)、ドラマ「僕らのままで/WE ARE WHO WE ARE」(2020)で知られる鬼才だ。

『ビューティフル・ボーイ』(2018)

『君の名前で僕を呼んで』で注目を集めたティモシー・シャラメ。そんな気鋭俳優の待望の次回作として話題を呼んだ本作は、シャラメがドラッグ依存症に苦しむ青年を怪演し、ゴールデングローブ賞で助演男優賞として候補入りを果たした。

スポーツ万能で成績優秀、将来を期待されていた学生ニック・シェフ(ティモシー・シャラメ)は、ふとしたきっかけで手を出した薬物に次第にのめり込んでいく。更生施設を抜け出したり、再発を繰り返すニックを、大きな愛と献身で見守り包み込む父親デヴィッド(スティーヴ・カレル)。何度裏切られても息子を信じ続けることができたのは、すべてを超えて愛している存在だから。ニックの再生への旅は始まったばかり……。

実際に薬物依存症だった「13の理由」(2017-2020)の脚本家と、その父親がそれぞれの視点で執筆した二冊の回顧録を原作とする、実話に基づく愛と再生の物語。堕ちていく息子を信じ続ける父親を演じるカレル、同じことを繰り返しては傷つき、破滅の道を突き進むニックにふんしたシャラメ。ふたりのセンシティブでありながら、パワフルな演技に注目だ。

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(2019)

名作小説『若草物語』を、『レディ・バード』(2017)のグレタ・カーウィグ監督がみずみずしく蘇らせた本作は、アカデミー賞で作品賞・主演女優賞・助演女優賞・脚色賞・作曲賞にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞した。

19世紀アメリカ、マサチューセッツ・ボストン。マーチ家の四姉妹の次女、ジョー(シアーシャ・ローナン)は⾃分を曲げられずに周囲と衝突しながら小説家を目指している。控えめの長女を慕うジョーは、姉には⼥優の才能があると信じるが、当の本人は幸せな結婚を望んでいた。また、ジョーが溺愛する⼼優しい三女は病という⼤きな壁に立ち向かっており、ジョーとのケンカが絶えない四女も自分なりに家族の幸せを追い求めていた。ともに夢を追い、輝かしい少⼥時代を過ごした四姉妹は、⼤⼈になるにつれて現実に向き合い、それぞれの物語を⽣み出していく。

ティモシー・シャラメが演じるのは、マーチ家の四姉妹の近所に住み、最終的には姉妹のうちのふたりと恋に落ちることになる資産家の孫、ローリー。その美貌と圧倒的な存在感、そして表情から時に滲みでる切なさにも注目だ。シアーシャ・ローナンをはじめ、エマ・ワトソン、フローレンス・ピュー、エリザ・スカンレンら実力派俳優たちによる迫真の演技にも引き込まれるだろう。

ティモシー・シャラメ 今後の待機作

『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』

『ムーンライズ・キングダム』(2012)『グランド・ブダペスト・ホテル』(2014)などのウェス・アンダーソン監督最新作。日本では東京国際映画祭でお披露目された後、2022年1月28日に全国公開される。アカデミー賞候補入りも確実視されている注目作だ。

舞台となるのは、20世紀フランスの架空の街にある新聞社「フレンチ・ディスパッチ」の編集部。そこでは一癖も二癖もある才能豊かな記者たちが活躍し、アートからファッション、国際問題、美食に至るまで深く斬り込んだ唯一無二の記事で人気を獲得している。ところが、編集長が仕事中に急死、遺言によって廃刊が決まってしまう。果たして、何が飛び出すか分からない追悼号にして最終号の、思いがけないほどおかしく、泣ける、その全貌とは?

ティモシー・シャラメは学生の革命家役を演じる。共演者には、ベニチオ・デル・トロ、ジェフリー・ライト、エリザベス・モス、レア・セドゥ、マチュー・アマルリック、フランシス・マクドーマンド、エイドリアン・ブロディ、ティルダ・スウィントン、シアーシャ・ローナン、オーウェン・ウィルソン、ビル・マーレイ、リーヴ・シュレイバー、エドワード・ノートン、ジェイソン・シュワルツマンら豪華俳優陣が集結した。

『ドント・ルック・アップ』

レオナルド・ディカプリオ&ジェニファー・ローレンスの主演ほか、ティモシー・シャラメをはじめとするオールスターキャストによるNetflix映画だ。

天文学を専攻する大学院生のケイト・ディビアスキー(ジェニファー・ローレンス)と、天文学専攻の博士であるランドール・ミンディ(レオナルド・ディカプリオ)は、太陽系内を回る彗星について驚愕の発見をする。一番の問題は、彗星の軌道をたどると、直接地球と衝突しそうだということ。さらに厄介なのは、誰もことの重大さが分かっていないということ。どうも、エベレスト級の大きさの物体が地球を破壊しかねないという事実は迷惑な発見のようだ。

人類に警告するのは至難の業となるも、ふたりはオグルソープ博士の協力を得て、各方面を渡り歩くことに。訴えかける相手は、無関心な大統領と、彼女に従順な息子であり、補佐官でもあるジェイソンから、人気司会者のブリーとジャック、そして視聴者まで。彗星の衝突までたった6ヵ月しかない中で、手遅れになる前に、ニュース界の関心を引き、SNSに夢中な一般市民を振り向かせる過程が、ひどく滑稽な展開となっていく。シャラメが演じるのは、クエンティンという名前の人物だが、その詳細については明らかにされていない。

オールスターキャストにはディカプリオ&ローレンス&シャラメのほか、メリル・ストリープ、ジョナ・ヒル、ケイト・ブランシェット、ヒメーシュ・パテル、マシュー・ペリー、ロブ・モーガン、アリアナ・グランデ、キッド・カディ、タイラー・ペリー、マーク・ライランスらが集結。クリス・エヴァンスもカメオ出演する。監督・脚本・製作は、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2015)『バイス』(2018)などのアダム・マッケイだ。Netflixにて2021年12月24日より独占配信開始。12月10日より一部劇場にて公開も予定されている。

『Wonka(原題)』

ロアルド・ダールによる『チョコレート工場の秘密』(評論社)を原作にした、ウィリー・ウォンカの若き日の姿を描く前日譚映画『Wonka(原題)』。

2021年9月末頃より英国にて撮影中である本作は、ティモシー・シャラメふんするウィリー・ウォンカによるチョコレート工場が開かれる前の時代の話を描く物語で、ジョニー・デップ主演版との関連性はないとのことだ。シャラメはミュージカルナンバーに乗せて、ダンスと歌を本作にて披露するとも伝えられている。

共演者には、『Mr.ビーン』シリーズでおなじみのローワン・アトキンソンをはじめ、『女王陛下のお気に入り』(2018)『ファーザー』(2020)のオリヴィア・コールマン、『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)や『パディントン』シリーズのサリー・ホーキンス、「ダウントン・アビー」(2010-2015)のジム・カーターらが集結した。

監督を務めるのは、『パディントン』シリーズのポール・キング。脚本は、「サタデー・ナイト・ライブ」(1975-)のサイモン・リッチ。撮影監督を『アベンジャーズ』(2012)『ノクターナル・アニマルズ 』(2017)のシェイマス・マクガーヴェイ、プロダクション・デザイナーを『ダークナイト』(2008)『TENET テネット』(2020)のネイサン・クロウリーが務め、『パディントン』シリーズのマーク・エヴァーソンとリンディ・ヘミングがそれぞれ編集と衣装を担当する。2023年3月17日に米国公開予定。

『Bones & All(原題)』

ティモシー・シャラメが、『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督と再びタッグを組んだ注目作。

『Bones &All』は、カミーユ・デアンジェリスによる同名小説に基づく作品。2021年1月の初報によると、ジャンルはホラー・ラブストーリーで、カニバリズムのテーマまで描くと伝えられていた。一方で、2021年5月の情報によると、社会の片隅で生きる術を学ぶ少女マレンと、公民権を奪われた流れ者の青年リー、ふたりの初恋を描く物語と紹介されている。ロナルド・レーガン政権下の米国をともに旅することになったふたりだが、その道中で彼らはそれぞれの恐ろしい過去と向き合わなければならなくなり、やがてふたりの愛が試されていくという。

ティモシー・シャラメがリー役を演じ、『WAVES/ウェイブス』(2019)『エスケープ・ルーム』(2019)のテイラー・ラッセルがマレン役を演じる。初画像は、IndieWireなどから確認することが出来る。脚本は、『サスペリア』(2018)デヴィッド・カイガニックが執筆した。撮影はすでに終了している模様だが、公開日は未定。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly