Menu
(0)

Search

『タイタニック 愛のテーマ』 今も洋楽カラオケ1位の名曲 ─ メタルやパンク、クラシカルなアレンジで

タイタニック
©Paramount Pictures 写真:ゼータイメージ

ジェームズ・キャメロン監督・脚本、レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット主演の1997年の名作映画『タイタニック』。その主題歌、『タイタニック 愛のテーマ』として知られるセリーヌ・ディオンの『My Heart Will Go On』も、映画同様に大ヒットを記録した名曲だ。

1997年のアカデミー賞では歌曲賞に輝き、グラミー賞やゴールデングローブ賞も総なめにしたこの曲、「史上最高の映画主題歌」のひとつであることに異論を唱える声は少ないだろう。

世界を代表する歌姫セリーヌ・ディオンの代表曲で、完ぺきに歌いきるには難しい曲だが、カラオケでトライしてみたというファンも少なくないのでは。実際、カラオケ「DAM」の洋楽ランキングでは、2020年の年間でもこの曲が1位。つまり、今でも日本人に最も愛され、歌われている曲と言っても過言ではないのだ。

そんな名曲は、これまで世界でも様々なバンドやアーティストにカバーされてきた。ここでは、メタルバンドからクラシックにいたるまで、いくつかのカバーをご紹介しよう。原曲の持ち味を活かしたアレンジから、印象をガラリを変えたアレンジまで。あなたはどのバージョンが好み?

ドラゴンフォース(パワーメタル)

まずご紹介したいのが、イングランド出身のパワーメタル・バンド、ドラゴンフォース(DragonForce)」による、大西洋も泳断できてしまいそうにアグレッシブなメタル・カバー。ドラゴンフォースといえば、パワーメタルや「メロスピ」と略されるメロディック・スピード・メタルといった、疾走感溢れるメロディックな楽曲で知られるバンド。「メタルバンド」と聞いて一般的に想像する重くて激しい音楽ではなく、爽やかでファンタジックな演奏が特徴だ。

『My Heart Will Go On』は心の琴線に触れるような美しいメロディが特徴なので、メロスピが主戦場のドラゴンフォースにはもってこい。彼らが得意とする、刻み込むようなリフに、タイトに畳み掛けるドラムス、そしてボーカル、マーク・ハドソンの伸び上がるようなハイトーンボーカルを聴くことができる。ギターヒーロー、ハーマン・リとサム・トットマンの煌めくソロも炸裂。

ちなみにこのジャンルでは、フィンランドの「バトルドラゴン(Battledragon)」というメロディック・メタルバンドのカバーもある。少々凡庸なアレンジだが、ドラゴンフォースとの聴き比べも楽しい。

ニュー・ファウンド・グローリー(ポップパンク)

切なさで胸いっぱいになる『My Heart Will Go On』も、ニュー・ファウンド・グローリー(New Found Glory)の手にかかれば、フロリダの日差しがさんさんと降り注ぐような、ブリージーなポップ・パンク・チューンに大変身。すでに「ヒット・オア・ミス」でスマッシュ・ヒットを記録していた彼らの、若さ溢れるエネルギッシュなアレンジがほとばしる。

これは彼らがキャリア初期の2000年にリリースしたEP『From The Screen To Your Stereo』に収録されたもので、このEPでは本曲のほかにも『アルマゲドン』や『ネバーエンディング・ストーリー』など名作映画の主題歌もカバーしている。そういえば2000年代のあの頃は、こうした有名曲のパンク・カバーが流行っていて、ヴィレッジ・ヴァンガードの店内なんかでよく流れていたっけ。

エンパイア(スクリーモ)

1990〜2010年代に勃興した、パンクやハードコアのサブジャンルの「スクリーモ」。このジャンルからは、エンパイア(Empire)というバンドが『My Heart Will Go On』をカバーしている。

スクリーモとは「scream」と「emo」を組み合わせた名で、主にポストハードコアをベースにした激情的な演奏に、スクリーム(シャウト)とクリーントーンボーカルを組み合わせた音楽性を指すことが多い。このカバーは、今聴くとアレンジも一辺倒で荒削り感は否めないが、原曲のエモーショナルさにエッジを効かせた、スクリーモの初期衝動を思い出させるチューンとなっている。

このバンド「Empire」については情報が少なく、残存しているFacebookページによると2011年に解散ライブを行っている模様だ。ちなみにこのトラックは、さまざまな若手バンドが他ジャンルの有名曲をカバーする人気コンピレーション『Punk Goes』シリーズが2012年にまとめた『Punk Goes ’90s unreleased EP』に収録されていたもので、今では入手困難となっている。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly