Menu
(0)

Search

『タイタニック』感動深まる裏話・トリビア集 ─ 日本人乗客の存在、ラストの時計の切ない理由

タイタニック
© Paramount Pictures Photographer: Douglas Kirkland 写真:ゼータイメージ

レオナルド・ディカプリオ主演、ジェームズ・キャメロン監督による『タイタニック』(1997)は、当時では史上最高額となる200億円超の予算が注ぎ込まれたスペクタル巨編。20世紀初頭に発生した“決して沈まない船”タイタニック号の沈没事故と、そこで生まれた儚いロマンスは、公開から20年以上が経った今でも根強い人気を誇っている。

3時間を超える本作には、知ると更に深みが増すトリビアや小ネタが多く存在する。本記事では、その中から6つをピックアップして、解説していきたい。

この記事には、『タイタニック』(1997)のネタバレが含まれています。

ジャック・ドーソンと同姓の男性が乗船していた

本作の主人公は、レオナルド・ディカプリオ演じるジャック・ドーソン。絵描きとして自由気ままに生計を立て、タイタニック号での旅も、乗船チケットをかけたポーカーで勝ち取った。そんなジャックは、タイタニック号で乗り合わせた貴族の娘ローズに一目惚れする。

このジャック・ドーソンというキャラクターは架空の人物。しかし公開後、史実との繋がりが奇しくも判明する。沈没した実際のタイタニック号には「J.ドーソン」という名の男性が搭乗していたのだ。タイタニック号沈没事故の死没者が埋葬されているカナダ・ハリファックスのフェアビュー・ローン墓地にて「J.ドーソン(J. Dawson)」と刻まれた墓石を確認することができる。

Joseph Dawson Titanic Gravestone
Photo by Bigg(g)er https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Joseph_Dawson_Titanic_Gravestone.JPG

J.ドーソンの本名は、ジョセフ・ドーソン。1988年、アイルランドの首都ダブリンにて生を受けた。2016年に掲載された米New York Timesの記事によると、ジョセフ・ドーソンはタイタニック号の機関室で働く乗組員として乗船していたという。この事実を知った『タイタニック』ファンの中には、ジョセフの墓を訪れ、花を手向ける人も少なくなかったそうだ。なお、製作にあたっては、ジャックとジョセフの関連性は無く、偶然であったことがキャメロン監督の発言で判明している。

Source: New York Times,CBC

名ゼリフ「世界は俺のものだ」はアドリブ

タイタニック号に搭乗することができたジャックは、友人のファブリッツィオ(ダニー・ヌッチ)と船首に行き、両手を目いっぱいに広げてこう叫ぶ。「世界は俺のものだ!(I’m the king of the world!)」。ディカプリオが放ったこのセリフは『タイタニック』で最も印象的な場面のひとつとなったが、実はこのセリフはアドリブだったという。

これを証言するのは、ジェームズ・キャメロン監督。イギリス人ジャーナリスト、アリ・プラムとのインタビューで、「その場で考えられたものです」と断言している。同シーンを高所から撮影するため、クレーンのバスケットで待機していたというキャメロン監督だが、必要としていた自然光を得られず、その間にあれこれとセリフなどを試行錯誤していたのだそう。「その時、思いついたんです」とキャメロン監督。無線を使って、ディカプリオに「よし、一つ思いついたぞ。“世界は俺のものだ”と言ってくれ」と伝えたという。「手を広げてその場に浸るんだ。その瞬間を祝福してくれ」。

キャメロン監督のとっさの思いつきで名場面が誕生したわけだが、この指示を聞いたディカプリオは、はじめは困惑気味だったのだとか。監督いわく、指示を受けたディカプリオは「えっ?」と何度も聞き返していたという。これを受けて、キャメロン監督は「とにかく“世界は俺のものだ”と言ってくれ。受け入れてくれ」とゴリ押ししたそうだが、それでもディカプリオは「えっ?」と繰り返していたそうだ。

Source: Ali Plumb Instagram

ローズの裸体スケッチ、描いたのはジェームズ・キャメロン監督

物語のきっかけとも言える海底に眠っていたローズの裸体スケッチ。沈没したタイタニック号の宝を掘り出そうとしたトレジャーハンターのブロックによって発見されたこのスケッチは、画家志望の青年ジャックが、一目惚れした貴族の娘ローズを描いたもの。裸でソファに寝そべるローズと、プロの画家らしく真剣な眼差しでデッサンするジャックのひとときは、最も美しいシーンの1つとなった。

実はこのスケッチ、描いたのはメガホンを取ったジェームズ・キャメロン監督だった。幼少期から美術分野に長けていたというキャメロン監督が画を前もって描き、撮影でディカプリオが使用したということだ。

なお、キャメロン監督によるこのスケッチは、公開から14年後の2011年にオークションに出品されている。最終落札額は不明というが、少なくとも16,000ドル、日本円にして170万円相当の入札額が提示されたとのこと。

Source: ABC News

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly