Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』マーベルがコミック化 ― 本編で描かれなかった場面も追加へ

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がマーベルによってコミック化されることがわかった。タイトルは“STAR WARS: THE LAST JEDI ADAPTATION”、米国では2018年5月より全6号で刊行される。

コミック版のストーリーを執筆するのは、映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の原案を担当したゲイリー・ウィッタ。アートはマイケル・ウォルシュ&マイク・スパイサーが担当する。ライアン・ジョンソンが脚本・監督を務めた『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のストーリーを、映画には存在しなかったシーンを追加して新たに語るシリーズになるという。ウォルシュ氏は新たなシーンについて「新たな視点から物語を描く」として意気込み十分だ。

情報の公開にあたって、原案のゲイリー氏は、自身のTwitterにて第1号のカバーアート(作画はマイク・デル・ムンド氏)を公開している。

なお『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』については、ノベライズ(小説版)にも独自のシーンが新たに書き下ろされているという。そちらの詳細は一部明かされているので、映画本編をご覧になった方はぜひお確かめいただきたい。さて、ノベライズとコミックで追加されるシーンは同じなのか、それとも別物なのか……?

コミック版『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は全6号構成で、第1号は2018年5月2日、第2号は5月16日に米国で発売される(ともに現地時間)。第1号のバリアント・カバーには、ジョー・ケサダ氏がレイの惑星ジャクー時代を描いたイラストがフィーチャーされている。

Source: http://comicbook.com/starwars/2018/02/02/star-wars-last-jedi-adaptation-comic-new-scenes/
©THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly