Menu
(0)

Search

スノークは「試練」、ルークは「旅する」 ― 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』気になるポイントを主演女優が語る

©Walt Disney Studios Motion Pictures ©2017 & TM Lucasfilm Ltd. 写真:ゼータ イメージ

映画スター・ウォーズ/最後のジェダイの予告編には、数多の「気になるポイント」が多数含まれている。スノークレイはいかなる対面を迎えるのか、ルーク・スカイウォーカーの真意はどこにあるのか、カイロ・レンとレイの再会は何を意味するのか……。

USA Todayにて、本作の主人公レイを演じているデイジー・リドリーが、丁寧にネタバレを避けながらそれぞれの要素について語っている。

https://www.youtube.com/watch?v=z9zxunCma0g&t=81s

スノーク、ルーク、カイロ・レン、ポーグ

スター・ウォーズ/最後のジェダイ』には、いよいよその全貌を現すことになる人物がふたりいる。ひとりはファースト・オーダーの最高指導者スノーク(アンディ・サーキス)、もうひとりは姿を消したジェダイの騎士ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)だ。まだ見ぬ脅威であるスノークと、長い時間を経て変貌してしまったルーク、この二人にレイはどう接することになるのだろうか。そして、前作で戦いを交えたカイロ・レンや、早くも大人気の新キャラクターとは……。

スノーク

予告編でレイは、スノークの「王座の間」と思われる場所で身体を震わせ絶叫している。このシーンの撮影は長時間かかったようで、デイジーは「辛かったですよ。終わった時には声がかれていましたね」と振り返るのだ。

またデイジーがスノークについて語った言葉からは、かつて『スター・ウォーズ』プリクエル3部作でパルパティーンがアナキン・スカイウォーカーに対して行った行為の“再現”が予想される。

「彼は心を見つめるんです。スノークは邪悪な男ですよ、もし彼を男と呼べるならですけど。スノークはレイにとって試練(tests)のひとつです。それに私が“試練”というとき、それは“試練”という言葉の史上最悪の使い方なんですよ。」

やはりスノークは、レイをダークサイド/ファースト・オーダーに引き込むべく、その力を試すことになるのだろうか? 本作の核となるであろう、レイとスノークの対面は完全に未知数といえそうだ。

ルーク・スカイウォーカー

本作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の物語は、前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)の直後、ルークが隠遁生活を送っている惑星アク=トゥーより始まる。失われたルークのライトセーバーを手に、レイはルークのもとを訪れたのだ。しかしルークは、決してレイの到着を歓迎しない……。

「レイは暖かく迎えてもらえると思っていたんですよ。でもルークはこの場所に逃れてきたわけで、そこをかき乱されたくはないですよね。」

その一方でデイジーは、レイとルークによる物語を「関係の始まりから、最後にたどり着く場所まで、とんでもない旅」なのだと説明している。すでに米国で公開されているプロモーション映像では、ルークがミレニアム・ファルコン号に乗り込んでいる様子もみられるが……。

カイロ・レン

『スター・ウォーズ』新3部作の悪役を担うカイロ・レン=ベン・ソロ(アダム・ドライバー)は、ダース・ベイダーのように圧倒的な力を誇る“ダークヒーロー”的な魅力のあるキャラクターとしては造形されていない。むしろレイやフィン(ジョン・ボイエガ)と同じように、自分の能力と精神の狭間で揺れる若者として描かれている印象すらあるのだ。

だが、それゆえに、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の予告編でレイとカイロ・レンが再会を果たしているような場面はひときわ意味深だ。ダークサイドへとレイが導かれる、そのきっかけは最高指導者ではなくもっと身近な存在かもしれないのである。この場面について、デイジーはやはり多くを語っていない。

「ふたりは、人間の非常に異なるふたつの部分を表しているんです。善と悪ですね。この作品ではしっかりと掘り下げられますよ。」

ポーグ

ところで、本作においてどんな役割を占めるのか一切わからないのが、新キャラクターである「ポーグ」である。デイジーはそのキュートさに完全に心奪われてしまったようで、「たくさんの喜びを運んでくる」「かわいい」「楽しい」と絶賛の言葉を並べているのだ。しかし彼女が演じるレイは、どうやらポーグにそこまで惹きつけられはしないようで……。

「はっきり言って、レイは自分の冒険にのめり込んでいて、ポーグに気を払う余裕はないんですよ。悲しいことですよね。」

ちなみにポーグのパペットは、撮影現場ではBB-8を操作するチームによって操られていたのだという。「性格があるかのような実物と一緒に演じられて、すごく良かったですね。」

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国ロードショー

Source: https://www.usatoday.com/story/life/entertainthis/2017/11/14/daisy-ridley-porgs-kylo-ren-and-more-star-war-last-jedi-teasers/851353001/
©Walt Disney Studios Motion Pictures ©2017 & TM Lucasfilm Ltd. 写真:ゼータ イメージ

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly