『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』あの人とルークが未公開シーンで共演していた?マーク・ハミルが示唆

映画スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の未公開シーンに、観客の予想もつかない展開が隠されている可能性が浮上してきた。ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルが、自身のInstagramにて示唆している。

注意

この記事には、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のネタバレが含まれています。

©Walt Disney Studios Motion Pictures ©2017 & TM Lucasfilm Ltd. 写真:ゼータ イメージ

ルークとホルド提督、未公開シーンで共演していた?

2018年2月10日(米国時間)、マーク・ハミルはInstagramにてローラ・ダーンとの写真を投稿。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ではルークとホルド提督をそれぞれ演じた二人なのだが、写真のキャプションには、どうしても聞き捨てならない言葉が記されていたのだった……。

「あとちょっとで共演できて、うれしかったです。未公開シーンのパートナーより。」

この言葉をストレートに受け取るなら、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の未公開シーンにはルークとホルド提督の共演シーンが存在することになるだろう。
しかし、ルークは映画終盤の惑星クレイトのシーンに至るまで、隠遁生活を送っているオクトーから出ることはないし、ホルド提督はファースト・オーダー軍へ一矢報いるため、ハイパースペース・ジャンプによる攻撃で命を落としてしまっている。物語の筋立てから考えれば、二人が共演することはできないのではないか……。

 

ここで考えられる可能性は3つある。ひとつは、二人の共演シーンが回想の場面で、ルークとホルド、あるいはレイアを含めた3人がひとつの場所に揃っているというものだ。ルークとホルドを結びつけうる存在はレイアしかいないため、二人だけが出会うことは考えづらいだろう。もうひとつは、ある段階の脚本に存在したシーンがのちに削除されてしまったという可能性。この場合、共演シーンは撮影すらされていないことになる。そして最後の可能性は、そもそもこの発言がマーク・ハミルのジョークにすぎないというものだ。

なお、本作を手がけたライアン・ジョンソン監督によれば、今後発売されるブルーレイには未公開シーンが多数収録されるという。ルークとホルドの共演シーンはそこに含まれているのか、そこでも真相は明らかにならないのだろうか……。いずれにせよ、事実の究明が行われることに期待するばかりである。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国の映画館にて公開中

Source: https://www.inverse.com/article/41275-luke-skywalker-last-jedi-deleted-scene-holdo
©THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。