『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』本編の第一声が判明 ― ルークの重要なセリフ、フィンの一言目も

映画スター・ウォーズ/最後のジェダイ』より、本編の第一声が判明した。テレビ番組「ジミー・キンメル・ライブ!」に登場したライアン・ジョンソン監督が自ら明らかにしたものだ。
同番組では、前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)でもJ.J.エイブラムス監督が本編の第一声を発表していた。当時は“This”だったが、果たして今回は……。

注意

この記事には、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のネタバレと捉えうる内容が含まれています。

「僕たちは」「私たちは」?

番組で司会を務めるジミー・キンメルに、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』本編の第一声を教えてほしいと求められたライアン監督は、「それなら言える」と述べて、こう口にした。

「最初の言葉は“We’re”です。」

もちろん“We’re”だけでは、本編がどのような幕開けになるのかを予想することはできない。しかし“We’re”という言葉でトップバッターを務めるのは男性なのか、それとも女性だろうか。「僕たちは」「私たちは」「俺たちは」など想像の可能性は無限大だが、ヒントとなるのは前作『フォースの覚醒』だろう。なにせライアン監督は、ルークとレイが惑星アク=トゥーで出会った直後から物語を始めたかったと語っていたのである。

フィンの第一声、ルークの重要なセリフとは

そんな中、本編の第一声を担わないことが早くも確定しているキャラクターがいる。『フォースの覚醒』のラストでカイロ・レンと戦い、傷ついて眠っているフィン(ジョン・ボイエガ)だ。テレビ番組「ザ・トゥナイト・ショー」に登場したジョンは、本編におけるフィンの第一声をすすんで明らかにしたのである。

本作『最後のジェダイ』について尋ねられたジョンが語ったのは、自身のストーリーがいかに始まるかということだった。

「フィンは自分がまだ『フォースの覚醒』にいると思いながら目覚める。雪の森林で、カイロ・レンと戦っていると思っているんです。彼の第一声は“レイ”ですよ。彼が目覚めるとき、まだ戦いのさなかだと思っている。しっかり回復したんですけどね。」

フィンは『最後のジェダイ』の冒頭で、まだカイロ・レンと戦っている……とすれば、「レイ」という第一声は夢から覚めながら口にする言葉だろうか……。

 

ちなみに第一声ではないものの、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルも、本編において「一番重要なセリフ」だという言葉を明かしている。彼がこれを語ったのは、テレビ番組「グッド・モーニング・アメリカ」だ。

「一番重要なセリフは、“君の思うようにはならないぞ(This is not going to go the way you think.)”だと思います。脚本を読んで、呆然としたんですよ。」

ルークによるこのセリフは、すでに『最後のジェダイ』の予告編でも聞くことができる。もっとも一番の問題は、ルークが誰に対してこの言葉を投げかけるのかというところだが……。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国ロードショー

Sources: http://comicbook.com/starwars/2017/12/02/star-wars-the-last-jedi-first-word-rian-johnson-jimmy-kimmel/
http://comicbook.com/starwars/2017/11/30/star-wars-the-last-jedi-john-boyega-first-word/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。