Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』小説版の追加シーン、なぜ本編に存在しない?監督が理由語る

映画スター・ウォーズ/最後のジェダイのノベライズ(小説版)には、映画本編に存在しなかったシーンが複数追加されることが明らかになっている。前作『フォースの覚醒』(2015)から本作までのギャップ、そして本編では描かれなかった要素が、小説という形で補完されることだろう。

なんと本作のノベライズでは、少なくない『スター・ウォーズ』ファンが期待したであろう、あの人物についてのシーンが新たに書き下ろされているという。なぜライアン・ジョンソン監督は、映画の本編にその場面を入れなかったのか……。米Colliderによるイベントにて、その理由が語られている。

注意

この記事には、映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』および『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のネタバレが含まれています。

©Walt Disney Studios Motion Pictures ©2017 & TM Lucasfilm Ltd. 写真:ゼータ イメージ

ハン・ソロの葬儀はなぜ行われなかったか

J・J・エイブラムスが脚本・監督を務めた『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のクライマックスで、ハン・ソロは、息子のベン・ソロ=カイロ・レンによって殺されてしまう。光の中に落ちていった彼の生死は厳密には不明だが、その最期を観客は確かに目撃したのだ。
少なくない『スター・ウォーズ』ファンは、ハン・ソロというシリーズ屈指のヒーローの一人を『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がいかに弔うかという点に注目していただろう。しかし映画本編で、ハン・ソロの名前はルーク・スカイウォーカーに言及されるのみで、(ゴールデン・ダイスこそ登場するものの)それ以上は直接的に扱われなかった。

しかし『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のノベライズには、ハン・ソロの葬儀シーンが新たに追加されているという。著者のジェイソン・フライ氏は、ライアン監督との話し合いによって、脚本に存在しなかった場面を書き下ろしているのだ。

なぜ、ハン・ソロの葬儀は『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の劇中で行われなかったのか? 監督はこの質問に対して、弔いを劇中で描くという選択肢がなかったことを明かしている。

「映画のペース的に、(ハン・ソロの葬儀を)入れる場所はありませんでした…入れたかったですけどね。でも『スター・ウォーズ』はたくましいんですよ。僕はいつも、(『エピソード4/新たなる希望』で)ルークがオビ=ワンの死を悲しんでいた時のことを思い出しますね。直前まで、(ハンが)“来いよ、まだ終わってないぞ”って言ってたのに、すぐに“やった、やった!”、“おい、調子に乗るなよ”って。
(『スター・ウォーズ』に)弔いの場面はありますが、長くはありません。悲しんでいる時間はない、それが『スター・ウォーズ』なんです。前進するために、いつまでも悲しんではいないんですよ。」

その代わり、ライアン監督は人物の表情によってハン・ソロの不在を示したいと考えたようだ。ミレニアム・ファルコンについて聞かされたルークはもちろん、もうひとつ象徴的なのは、ひとり物思いにふけるレイア・オーガナの顔である。

「この映画では、(喪の時間を)少し丁寧にやったとは思っているんです。ハイパースペースを飛び出す前、レイアが深刻な顔をしている場面にはこだわりましたね。元々はあの位置に入る場面ではなかったんですが、“ああ、ここにしよう”と思いました。すぐに元気になって、また最初から始める、そんな風にしたかったんですよ。」

すなわち監督は、ハン・ソロの葬儀をたっぷりと描くことで、映画全体のペースが落ちてしまうこと、そして登場人物の足取りを重くしてしまうことを避けたかったのだろう。それに対してノベライズは、ストーリーを語るメディアが異なるがゆえに、時間の制約に引っぱられずに人物描写をじっくり描くことができる。「なぜハン・ソロの葬儀が映画では描けなかったのか?」というよりも、「ノベライズだからこそハン・ソロの葬儀を描くことができる」のだといえば、それもあながち間違いではないのかもしれない。

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国の映画館にて公開中。
なおノベライズ(英語版)は2018年3月6日に米国にて発売予定だ。

Source: http://collider.com/the-last-jedi-han-solo-funeral-scene-rian-johnson/
©THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly