『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ルークの決断に秘められた意図 ― ラストシーン解説「銀河には伝説が必要」

映画スター・ウォーズ/最後のジェダイ』には、『エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)以来の登場となったルーク・スカイウォーカーの“新たな物語”が周到に織り込まれている。もちろんストーリーを牽引するのはレイやカイロ・レン、フィンといった若い顔ぶれだが、そこにはオリジナル3部作からつながったルークのストーリーがきちんと根を下ろしているのだ。

ファンから賛否両論をもって受け止められた『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』におけるルークのストーリー、そして彼の決断について、ライアン・ジョンソン監督がその詳細を新たに語っている。

注意

この記事には、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の重大なネタバレが含まれています。

©Walt Disney Studios Motion Pictures ©2017 & TM Lucasfilm Ltd. 写真:ゼータ イメージ

ルーク・スカイウォーカーとマーク・ハミル、二つの伝説

映画の終盤、長きにわたった撤退戦の末に惑星クレイトに“籠城”するレジスタンスの生存者たちは、カイロ・レン率いるファースト・オーダー軍の猛攻を受ける。あわやというところに現れたのはルーク・スカイウォーカー、しかし実際にはフォースによって分身した虚像としての姿だったのだ。カイロ・レンとの対決を終え、レジスタンスを救ったルークは、隠遁生活を送っていた惑星オクトーにて人知れず力尽き、ローブだけを残して姿を消すのだった。

HUFFPOSTのインタビューに対して、「あまりに多くを語りたくはないんです、観客それぞれの解釈を持てるのが好ましいので」と前置きしたライアン監督は、ルークの最後の行動について「文字通り、自分自身をすべて消し去ってしまうこと。ある意味で神話を作ることなんです」と述べている。

「映画の冒頭で、彼は“ライトセーバーを持って消えた男に何ができる?”と言いますよね。その答えが、“希望を伝える、伝説を作ること”なんです。自分の身体を犠牲にして、それをやってのけたあと、もはや彼が成し遂げたこと以上に力強いものはないわけですよ。」

以前ライアン監督は、本作におけるルークのストーリーが「ルーク・スカイウォーカーの伝説を引き受けるところへと戻る」ものだと説明していた。劇中のルークは「ジェダイは滅びるべき」だというが、ライアン監督は「この銀河には伝説が必要」なのだと強調する。

「『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)で、“ルーク・スカイウォーカー、伝説だと思ってた”というレイの目には光が見えるんです。それにマーク・ハミルと初めて会った日、彼と話した時には、僕の目にもルーク・スカイウォーカーしか見えませんでしたよ。とても話しづらかったんですが、彼のアイデアには刺激をもらいました。良い勝負をするため、ベストを尽くすためのね。」

再び現れる二つの夕陽

力を振り絞って戦ったルークは、その姿を消す直前、水平線の向こうに二つの夕陽を見る。それは『エピソード4/新たなる希望』(1977)で若き日の彼が見た夕陽を、いやおうなしに彷彿とさせるものだった。
ライアン監督は、この構造と結末について「最後にルークがたどり着く場所がわかった時、その物語がエモーショナルとして豊かなものになると思いました。彼に見せ場があるとすれば、ここがそうだと思ったんです」と語っている。

また編集スタッフのボブ・ダクセイ氏は、そのラストを「ノスタルジックで希望にあふれた」シーンだと形容。製作の裏側を言葉少なに説明してくれた。

純粋に映画的なシーンです。セリフはない、アクションもない、すべてはエモーションとキャラクター。観客とどんなコミュニケーションを取りたいのか、どんなふうにコミュニケーションを取るのかを正確につかむ必要がありました。(完成までに)ものすごい時間を要しましたね。」

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国の映画館にて公開中。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ルークの物語がこうなった理由 ― 『フォースの覚醒』ハン・ソロが与えた影響とは

Source: https://www.huffingtonpost.com/entry/star-wars-last-jedi-ending_us_5a4e2de6e4b06d1621bd7ebc
©THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。