Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』ルークの物語がこうなった理由 ― 『フォースの覚醒』ハン・ソロが与えた影響とは

©THE RIVER

映画スター・ウォーズ/最後のジェダイで、ルーク・スカイウォーカーは『エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)以来、実に34年ぶりの本格復帰を果たす。主要キャラクターが若い世代へと交代するなかで、彼の物語は決して拭えない歴史性をはらみ、作品をより重層的なものにしているのだ。

脚本・監督を務めたライアン・ジョンソンは、自身の手でルークという人物を再び描くこと、そこに何を見せるかということをいかに考え抜いたのだろうか。そして、前作『フォースの覚醒』(2015)に登場したハン・ソロの存在は、本作のルークにどんな影響を与えていたのか……。

注意

この記事には、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の重大なネタバレ、および『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のネタバレが含まれています。

©Walt Disney Studios Motion Pictures ©2017 & TM Lucasfilm Ltd. 写真:ゼータ イメージ

なぜルーク・スカイウォーカーは死なねばならなかったか

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のラスト30分間、ルークはかつてないほどの活躍を見せる。惑星クレイトに撤退したレジスタンスは、猛攻を重ねるファースト・オーダーからいかにして逃れるのか……。最大の苦境に現れたルークは、かつての弟子であるカイロ・レンの前に現れて攻撃を一身に受ける。しかし彼の実体は、隠遁生活の地である惑星オクトーにあり、激しい戦いを終えると、二つの夕日を見つめながら一人で逝ってしまうのだった。

UPROXXのインタビューにて、ライアン監督は、ルークが死をもって伝説となる結末について「大いに話し合った」としながら、「いつも頭の中にあったことですし、あらゆる理由で納得できていたことなんです」と断言する。

「まず、この作品はルークの映画です。マーク(・ハミル)は素晴らしい演技を見せてくれました。彼の旅は、ルーク・スカイウォーカーの伝説を引き受けるところへと戻ります。この宇宙のためにならないと拒んだものが、この銀河系に求められていることに彼は気づくんですね。“伝説であることを求められるなら、私はそうならねばならない”と、その責任を負うんです。それから彼は戻ってきて、この宇宙に響き渡ることになる勇敢な行動に出る。そしてお別れの時がやってくるわけです。十分理解できる、非常にエモーショナルな力をもった時間だと思います。」

ライアン監督のこうした思いは、映画を締めくくるラストシーンにも直接的に表れている。とはいうものの、『スター・ウォーズ』の主人公であるルークを退場させるという決断はさぞ重いものだったのではなかろうか。
インタビュアーから「(ルークの死は)いつか起こるものだと思っていたんですか? 方法がわかっていたから、自分がやるべきだということだったんでしょうか……」と問われた監督は、「ノー、ノー。全然思っていませんでした」と答えている。

「実際のところ、“ウソだろ、ここでやらなきゃいけないじゃん”って感じで。これをやる責任、うまくやってのける責任があるのはちょっとだけ怖かったですし、緊張しましたね。それでも、しかるべき時に、しかるべきところでやれたと思っていますよ。」

『フォースの覚醒』ハン・ソロの死が与えた影響

本作『最後のジェダイ』でルークが去ったことによって、『フォースの覚醒』から始まった3部作は、2作連続でオリジナル3部作の主要人物を退場させたことになる。息子のベン・ソロ=カイロ・レンに殺されるという衝撃的な幕切れを迎えたハン・ソロの存在は、ルークを死なせるという本作のポイントにいかに作用したのだろうか?

「エピソード7(『フォースの覚醒』)のハン・ソロとは対照的にしたかったんです。ハンの死は暴力的だったし、また敗北でしたよね。僕はその一方で、ルークの死を平和的なものに、勝利にしたいと思いました。」

またライアン監督は、自身と同世代の『スター・ウォーズ』ファンが抱えているであろう課題を、ルークやハン・ソロを通じて作品に取り込みたかったとも語っている。

「また異なる要素が、僕にとっては真実のように思えました。それがハン・ソロやルークにとっての真実なんじゃないかとも。つまり、『スター・ウォーズ』で育った人々の多くは、人生において、人を指導する立場にありますよね。年を取りはじめて、誰かに敗北することや、誰かとの関係性が変わること、関係性ごと別物へと変わってしまうことに向き合いはじめている。それが、『スター・ウォーズ』ファンである僕の世代の人々が取り組んでいる人生の要素だと思います。そうしたものを取り入れるのが誠実だと感じたんですよ。」

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国の映画館にて公開中。

Source: http://uproxx.com/movies/rian-johnson-the-last-jedi/
©THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly