Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』公開3日間で500億円突破!米国で『フォースの覚醒』に次ぐ初動記録を達成

『スター・ウォーズ』というムーブメントはとどまるところを知らない。
シリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が、2017年12月15日(金曜日)の米国公開後3日間で興行収入2億2,000万ドルを突破、全世界で4億5,000万ドルを超えるロケットスタートを記録した。米Variety誌、Box Office Mojoなどが伝えている。

米国公開後の3日間で2億2,000万ドル(約247億円・推定)を突破するという成績は、前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の2億4,800万ドルに次いでシリーズ第2位の結果だ。日ごとに数字を確かめてみると、15日(金)に1億480万ドル(前日のプレビューナイト上映を含む)という史上第2位の初日記録を叩き出したのち、16日(土)に6,400万ドル、17日(日)に5,130万ドル(予測)という推移になっている。


海外での成績を含んだ、12月17日時点での全世界興行収入は約4億5,005万ドル(約506億円・推定)で、これは事前予測において「最高値」とされていた数字である。2作目は数字が落ち込むという傾向がありながらも、非常に高い水準で開幕を飾ったことがわかるだろう。

なお米国において、オープニング成績で2億ドルを突破した映画は本作が史上4作目となる。過去3本は前作『フォースの覚醒』の2億4,800万ドル、『ジュラシック・ワールド』(2015)の2億880万ドル、そして『アベンジャーズ』(2012)の2億740万ドルだ。

歴史的ヒットを収めた前作『フォースの覚醒』は、米国で9億3,670万ドル、全世界で20億7,000万ドルという興行成績となった。ちなみにシリーズ初のスピンオフ映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)は米国で5億3,220万ドル、全世界で10億3,000万ドルという結果となったが、果たして『最後のジェダイ』はどこまでその客足を伸ばすことができるのだろうか。今後の推移に注目が集まるところである。

なお米comScore社の調査によれば、観客の66%が本作を「すばらしい」、23%が「とても良い」と評価しており、全体の79%が「とてもおすすめ」と答えたようだ。『スター・ウォーズ』ほどの人気シリーズでも、口コミがさらなる興行収入を生むことになるのか……?

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国の映画館にて公開中

Sources: http://variety.com/2017/film/box-office/star-wars-the-last-jedi-box-office-ferdinand-1202643209/
http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=starwars8.htm
©THE RIVER

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly