Menu
(0)

Search

『ファンタビ』コリン・ファレル、『シャーロック・ホームズ』ガイ・リッチー監督の新作に出演へ ─ 格闘技のトレーナー役で

コリン・ファレル
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/27995501294/ Remixed by THE RIVER

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2016)でパーシバル・グレイブス役を演じ、久々の大作映画で世界中の観客の心をつかんだ俳優コリン・ファレルが、『シャーロック・ホームズ』シリーズのガイ・リッチー監督による新作映画『Toff Guys(原題)』に出演することがわかった。米The Hollywood Reporterなどが報じている。

『Toff Guys』は、ヨーロッパの古くから続く大富豪の家系「オールド・マネー」と、新参者であふれた近代のマリファナ業界の衝突を背景に、マシュー・マコノヒー演じるイギリスの麻薬王が、自らの“帝国”を億万長者に売却しようと目論むストーリー。コリンは総合格闘技のファイターたちを鍛えるトレーナー役で契約交渉に入っているとみられ、The Hollywood Reporterは参加が決定したと伝えた。一方で、米Varietyは2018年11月30日(米国時間)の時点で「契約は完了していない」としているが、いずれにせよ出演交渉は最終段階に入っているとみられる。

なお本作には、マシュー演じる主人公の妻役で『アンダーワールド』シリーズのケイト・ベッキンセールが出演すると報じられていたが、なんらかの理由でケイトは企画を離脱。後任者として、ドラマ「ダウントン・アビー」(2010-2015)のミシェル・ドッカリーが起用されたことが判明している。

マシュー、ミシェル、コリンのほかには、『クレイジー・リッチ!』(2018)のヘンリー・ゴールディングがベトナム人のギャング役、“ラブコメの帝王”ヒュー・グラントが主人公を脅迫しようとするゴシップ誌の記者役で登場。『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2015)や『モリーズ・ゲーム』(2017)のジェレミー・ストロングも出演する。

ちなみに『Toff Guys』は、登場人物が入り乱れるスリリングな展開とアクションが特徴の、リッチー監督の初期作品『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』(1998)や『スナッチ』(2000)に近い作風になるといわれている。脚本はリッチー監督のほか、『シャーロック・ホームズ』(2009)に出演経験のあるマーン・ダビエス、『コードネーム U.N.C.L.E.』(2015)などでリッチーのアシスタントを務めたイヴァン・アトキンソンが執筆した。

コリン・ファレルの出演次回作は、ティム・バートン監督がディズニーの名作アニメ映画を実写化する『ダンボ』(2019年3月29日公開)、『それでも夜は明ける』(2013)のスティーヴ・マックイーン監督によるスリラー映画『妻たちの落とし前』(2019年4月公開)。春には出演作の日本公開が相次ぐとあって、こちらにもご注目いただきたい。

Sources: THR, Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly