Menu
(0)

Search

「トム・クルーズ・ブートキャンプ」に放り込まれてスゴい身体になったと『トップガン マーヴェリック』出演者、過酷な訓練語る

トップガン マーヴェリック
(C) 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

トム・クルーズが主演するスカイアクション映画『トップガン』(1986)の続編『トップガン マーヴェリック』。本作で主人公マーヴェリックの元相棒グースの息子、ブラッドリー・“ルースター”・ブラッドショー役を演じるマイルズ・テラーが、役作りの際に本格的な訓練を行なうことで知られるクルーズ流の厳しい役作りを「トム・クルーズ・ブートキャンプ」と呼んでいる。

続編では、CGではなく“本物”にこだわるクルーズの意向により、自身をはじめ出演者が実際に戦闘機に乗り込んで撮影を敢行。その実現のためにトム自らが出演者の訓練カリキュラムを組み、キャスト陣は超過酷な訓練に耐え抜いて撮影に挑んだという。英Total Filmのインタビューでテラーが、この軍隊ばりの過酷な訓練を振り返っている。

「僕たちはみんな、この映画を作る時に“ミニサイズのトム”になったんです“トム・クルーズ・ブートキャンプ”って呼んでるんですけど、そこに放り込まれて僕たちはスゴい体になりました。それに、トムが映画でやるスタントなどは非常に特殊な訓練になります。ただジムに行ってウェイト・リフティングをするだけではないんです。撮影に入る前に3カ月間も飛行訓練をしました。本当に大変だったんです。

ブートキャンプとは「新兵訓練施設」を意味する表現。キャスト陣はクルーズが指揮を執るブートキャプでみっちりと鍛え上げられたようだ。

以前にプロデューサーを務めるジェリー・ブラッカイマーが、テラーが語った3カ月にわたる厳しい訓練に言及している。ブラッカイマーは、水中サバイバル訓練など非常に辛いトレーニングを受けた若手キャストたちが、「トムは22歳みたいに訓練をこなすんだ」と言っていたと明かしていた。

その訓練の甲斐があり、続編ではCGを使わない前代未聞となる“全て本物”の飛行シーンが実現。これまで誰も映画館で体験したことがないような超リアルで超ド迫力の飛行シーンは、ビッグスクリーンで目にする価値がありそうだ。

『トップガン マーヴェリック』は2022年5月27日に日本公開。

あわせて読みたい

Source:TOTAL FILM

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly