Menu
(0)

Search

トム・クルーズが宇宙に行く映画、『バリー・シール』ユニバーサル・ピクチャーズが参加交渉中

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ジャパンプレミア トム・クルーズ、サイモン・ペッグ、ヘンリー・カヴィル、クリストファー・マッカリー監督
©THE RIVER

俳優トム・クルーズがNASA&SpaceXとコラボレーションする、宇宙で撮影される史上初のアクション映画(タイトル未定)の製作に向けて、米ユニバーサル・ピクチャーズが契約交渉に入っていることがわかった。米VarietyDeadlineなどが報じている。

本作はアクション・アドベンチャーとして企画されており、監督には『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)『バリー・シール/アメリカをはめた男』(2017)でトムとタッグを組んだダグ・リーマンが就任済み。ユニバーサルは『バリー・シール』で配給を担当したほか、トム主演作品としては『オブリビオン』(2013)『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』(2017)など多数の映画に携わってきた。Deadlineによると、現時点では契約交渉の初期段階にあるという。

“史上初の宇宙映画”として話題を集めている本作のネックは、なんといっても前例がないことだ。それゆえ大きな注目が寄せられることも間違いない一方で、製作費は最低2億ドル以上、トムや製作チームの保険も重要な課題になるとあって、出資のリスクは大きい。関係者いわく、これは「何が起こるかわからない、一回こっきりの挑戦」。主演・製作を兼任するトムは3,000万~6,000万ドルの報酬を受け取る見込みだ。

2020年7月現在、トムは『ミッション:インポッシブル』第7作・第8作(ともにタイトル未定)の撮影を進めており、本作の撮影開始にはしばらく時間がかかる模様。今回の報道では、プリプロダクション(撮影準備)に長期間を費やすともいわれており、7月3日に58歳になったばかりのトムだが、宇宙で撮影を実施するころには60歳になっている可能性もあるという。

ちなみに本作の配給にあたっては、少なくとも2つの大手ストリーミングサービスが入札を断られたことが判明している。製作チームは本作を映画スタジオが主導する“ド派手な映画館イベント”としてアピールしたいという意向なのだ。

Source: Variety, Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly