Menu
(0)

Search

『トップガン マーヴェリック』IMAX社CEOが公開再延期を止めようとしていた ─「どんな状況でも人は集まると思ったので」

トップガン マーヴェリック
(C) 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

トム・クルーズ主演、『トップガン マーヴェリック』は幾度に渡り公開延期を余儀なくされてきたが、35周年を迎える記念すべき2021年についに日の目を浴びる予定だった。しかし本作はまたしても延期となり、現時点では、2022年5月27日に米国公開されることになっている。もっとも、今回の公開延期を止めようとしていた人物がいたようだ。

『トップガン マーヴェリック』では、マーヴェリックが現役を退いており、パイロットを育成する教官として重要な任務に挑む姿が描かれる。35年ぶりに蘇る続編の再延期を考え直すよう促していたのは、IMAX社のCEOであるリッチ・ゲルフォンド氏。その理由は、「どんな状況下であってもこの映画に人は集まってくると思ったので」と説明している

トム・クルーズをはじめとするメインキャストが、過酷な訓練に耐え実際に戦闘機に乗り込み、IMAXカメラを乗せて撮影するという試みまでなされている本作。合成も一切使用されていないということもあって、その圧倒的な映像体験に観客は度肝を抜かれることになりそうだ。ゲルフォンド氏もまたそう思ったからこそ、公開延期を止めようとしていたのだろう。

しかし、本作の配給を担当している米パラマウント・ピクチャーズは、コロナ禍の影響を受ける世界各国の現状を鑑みて、さらなる公開延期を決断した。ゲルフォンド氏は「彼らは完璧な状況下での公開を望まれているのです」としながら、その決定に理解も示している。「パラマウントで決定権を持っている方々の近くで多くの時間を過ごしてきたので、『トップガン』が彼らにとって特別なものであることは理解しています。トム・クルーズはこの映画を作るために35年以上も待ったのですから」。

『トップガン マーヴェリック』は2022年5月27日に米国公開。日本公開日は未定。

Source: Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly