Menu
(0)

Search

『トップガン マーヴェリック』2022年5月に米公開延期 ─ 『ミッション:インポッシブル7』も2022年秋公開に

トップガン マーヴェリック
(C) 2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

トム・クルーズ主演、『トップガン マーヴェリック』『ミッション:インポッシブル7(仮題)』の米国公開がともに延期された

米パラマウント・ピクチャーズの発表によると、『トップガン マーヴェリック』は2021年11月19日に日米同時公開予定だったが、2022年5月27日に米国公開が延期となった。この決定を受けて、『ミッション:インポッシブル7』も2022年9月30日に公開延期となった。同作は本来、『トップガン マーヴェリック』の延期先となった2022年5月27日に公開予定だった。

『トップガン マーヴェリック』『ミッション:インポッシブル7』は、ともに新型コロナウイルスの影響で度重なる公開延期を余儀なくされてきた。『トップガン マーヴェリック』の場合、2020年春の時点で作品自体は完成していたため、およそ2年越しの公開となる。2021年は前作『トップガン』(1986)の公開35周年というメモリアルイヤーだったが、残念ながら続編の公開は叶わなかった。日本国内の情報は不明だが、慣例を鑑みれば同じく延期される可能性が高いとみられる。(追記:日本国内での延期も正式に発表された。

報道によると、パラマウントは世界各国のコロナ禍の現状、およびデルタ株の感染拡大を鑑み、専門家や海外チームとの検討を経て、両作の公開延期を決断したとのこと。どちらも高予算のアクション大作とあって、現時点での劇場の客足では興行的成功の見込みがないと判断されたとみられる。

『トップガン マーヴェリック』では、トム演じるマーヴェリックが教官として復帰。マイルズ・テラー、ジェニファー・コネリー、エド・ハリス、前作でマーヴェリックのライバル・アイスマン役を演じたヴァル・キルマーらが共演する。監督は『オブリビオン』(2013)でトムとタッグを組んだジョセフ・コシンスキー。

『ミッション:インポッシブル7』にはイーサン・ハント役のトム・クルーズをはじめ、イルサ・ファウスト役のレベッカ・ファーガソン、ベンジー役のサイモン・ペッグ、ルーサー役のヴィング・レイムスが続投。前作からホワイト・ウィドウ役のヴァネッサ・カービー、第1作からユージーン・キトリッジ役のヘンリー・ツェニーが復帰し、新キャストとしてヘイリー・アトウェル、ポム・クレメンティーフ、シェー・ウィガムらが出演する。脚本・監督はクリストファー・マッカリー。

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly