Menu
(0)

Search

『トップガン』続編、早くも監督候補者が判明!『オブリビオン』ジョセフ・コシンスキーが就任か

2017年5月24日(日本時間)、トム・クルーズによって明かされた『トップガン』続編製作のニュースは、世界中の映画ファンや戦闘機ファン、その他『トップガン』(1986年)に思い入れのあるすべての人々に大きな期待と不安をもって受け止められた。どんな物語になるのか、前作のキャストは揃って復帰するのか、そして故トニー・スコット監督の跡を継いでメガホンを取る監督は誰になるのか……。

さまざまな推測が生まれる中、このたびバラエティ紙は『トップガン』続編の監督候補者をさっそく報じている。最有力と目される人物は、2013年に『オブリビオン』でトム・クルーズとタッグを組んだジョセフ・コシンスキーだ。

情報源の人物によると、トムは『ミッション・インポッシブル6(仮題)』が撮影されているロンドンで『トップガン』続編を撮る可能性のある監督たちとの面会を進めてきたという。そんな中、続編に対するジョセフのビジョンが高く評価されて、正式に監督として起用されることになるようだ。こうした動きのほか、トム本人が「撮影はきっと来年(2018年)」と述べているあたり、おそらく『トップガン』続編は『ミッション・インポッシブル6』の撮影終了後、すぐに本格始動するとみられる。

ジョセフ・コシンスキー監督は、トムとタッグを組んだ『オブリビオン』のほか、監督デビュー作『トロン:レガシー』(2010年)と、新作『グラナイト・マウンテン(原題:Granite Mountain)』の3作を手がけた経歴をもつ。まだキャリアが浅いゆえに、『トップガン』続編でどんな手腕が発揮されるのかはまったく読めないが、一度タッグを組んでいるトムには勝算が見えたということだろう。

なおバラエティ紙によると、既報の通り、最新の原案は『ジャングル・ブック』のジャスティン・マークスが執筆しているという。

Source: http://variety.com/2017/film/news/joseph-kosinski-top-gun-2-starring-tom-cruise-1202437529/
Eyecatch Image: https://www.amazon.co.jp/トップガン-スペシャル・コレクターズ・エディション-Blu-ray-トム・クルーズ/dp/B00KUNZUQG/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly