Menu
(0)

Search

【全文レポート】トム・クルーズ来日『トップガン マーヴェリック』リアル記者会見 ─ 「常に映画のことを考えている」(写真76枚)

『トップガン マーヴェリック』来日記者会見 撮影写真
©︎ THE RIVER

『トップガン』36年ぶりの新作トップガン マーヴェリックが、繰り返された公開延期を経て2022年5月27日より待望の日本公開となる。これに先駆け、“最後の映画スター”トム・クルーズが来日。シリーズのプロデューサーである盟友ジェリー・ブラッカイマーと共に、日本の地に降り立った。(記事最後に写真ギャラリーあり)

ハリウッドの大作映画のリアル記者会見の開催は、これがコロナ禍以降初。会場に立ち入るマスコミ・記者の全員が抗体検査を行なっての厳戒態勢だ。数年ぶりとなる映画スター来日記者会見の機会に、多くのマスコミ・記者が詰めかけた。

トムの来日は『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)以来、約4年ぶり。ブラッカイマーとの揃っての来日は初という。両名とも気合十分か、会見は予定より20分早められて開始に。ブラッカイマーとトムは颯爽とステージに登場した。本記事では、2人の貴重なトークを全文レポートで日本語訳する。

『トップガン マーヴェリック』来日記者会見 撮影写真
©︎ THE RIVER

『トップガン マーヴェリック』来日記者会見 全文レポート

トム・クルーズ(以下トム):みなさん、こんにちは。前作をジェリーと製作してから、もう36年になります。そして、公開に2年待つこととなりました。ここに戻ってこられて、とても嬉しいです。この映画をみなさんに届けられる。二人とも、とても感激しています。僕が初めて日本に来た時の映画も『トップガン』でした(編注:トムは『トップガン』では来日していないので、これは記憶違いと思われる)。それから何年も経ち、またここに戻ってこられて非常に興奮しています。皆さんのお顔が拝見できて、とても美しい。今日はありがとうございます。

『トップガン マーヴェリック』来日記者会見 撮影写真
©︎ THE RIVER

ジェリー・ブラッカイマー(以下ジェリー):また迎え入れてくださって、ありがとうございます。日本に来られるのはいつも嬉しいです。前回は2年半か3年前でした。とりわけ、今回は『トップガン』の新作です。今隣に座っている、最大の映画スターであるトムと共にこの映画を届けられることを光栄に思います。

──約4年ぶりの来日となりました。ファンや記者たちはトムさんを待っていました。『遥かなる大地』以来、来日の期間が3年以上空いたのは今回が初めてです。久しぶりに日本に来られたことに、どのような気持ちでしょうか?

トム:とても興奮しています。とてもとても興奮しています。特に今回はジェリーと一緒ですから、格別に嬉しいです。日本の友人たちにも、「本当に来るの?」と聞かれて「必ず行くから、心配しないで」と言い続けてきました。この映画はビッグスクリーンで上映するんだとも言い続けました。ジェリーと僕で、それを実現しました。だから大興奮していますよ。

『トップガン マーヴェリック』来日記者会見 撮影写真
©︎ THE RIVER

──『トップガン』の公開から36年、当時熱狂したファンも大人になりました。続編を製作することになった「決め手」は何でしたか?

トム:理由は、ファンのためです。常にそうです。この続編は何十年も熱望されていました。80年代にオリジナルを製作した当時は、続編への準備が整っていませんでした。

時間が経って、やりたいことができて、観客のために特別なものを作りたいと。ジェリーとも会って、ずっとまた一緒に仕事がしたいと思っていたんですね。だからそういった、「今しかない」という感覚です。

それから、戦闘機のコックピットにいかにして観客を送り込むかという方法を探っていたこともありました。非常にエモーショナルなストーリーも出来ましたし、そういう要素がまとまったからです。

観客の皆さんは、この映画を観ればリアルさを感じ取ってもらえると思います。ジェリー・ブラッカイマーは伝説的なプロデューサーで、彼はずっと物語や映画への愛を持っています。そして、常に最先端のテクノロジーを用いながら、キャラクター中心の物語を語ってきました。この映画では、これまで全く観たこともないようなものが観られると思います。楽しくて、エモーショナルな映画です。

それから、人生を祝福するような映画を作りたかった。映画館を出る時に、『トップガン』の1作目のように素晴らしかったと実感できるような映画を作りたかった。それが観客のためにやりたかったことです。すごく特別なものを届けたかったんです。続編を作るにあたっては……ただ映画を作るだけ、ということはしていません。映画を作るに観客を楽しませるために、常に限界を押し広げるんです。ジェリーと僕とで「今しかないよね」と話をしたんです。そうですよね、ジェリー?

ジェリー:100%。

『トップガン マーヴェリック』来日記者会見 撮影写真
©︎ THE RIVER

──ジェリー・ブラッカイマーさんにお聞きします。トム・クルーズさんをはじめキャストの皆さんが実際に戦闘機に乗り込んで空中シーンを撮影するという、挑戦が多い作品だったと思います。

ジェリー:リアルにやりたかったんです。トム・クルーズと映画を作るなら、リアルにやらなくては。トムは実際に操縦免許を持ったパイロットでもありますし。役者のための3ヶ月のF-18(戦闘機)訓練プログラムを、トムは自分で設計したんですよ。はじめは小型のプロペラ機に乗り、そこから曲芸飛行をする機体に乗り、やがてジェットに乗った。これは、G(重力)に耐えられるようになるためです。1Gが、自分の体重分に値するんですね。そしてF-18のシーンでは、彼らは7〜8Gに耐えているんですよ。だから3ヶ月の間、そのGに耐えられるに訓練していたんです。

1作目の時に、役者たちはF-14に乗ったのですが、残念ながらトムの映像しか使い物にならなかった。他の役者たちは、気絶するか吐くかだったから(笑)。

(トム・クルーズ、面白そうにジェリーに何か話しかける)

ジェリー:本作の劇中で、戦闘機が上昇しているところでは、役者たちも実際に上昇しているし、下降しているところは下降している。旋回している時も旋回しているわけです。本物です。劇中の戦闘機パイロットは、全て本当に飛んでいます。

トムは過去35年間、最高の監督やライター、俳優たちと仕事を重ねてきました。そこから彼は、スポンジのように吸収していったんです。『トップガン』では、そんな彼の様々な知識が活かされています。どうすれば観客を楽しめられるだろうか?というね。それが『トップガン マーヴェリック』です。

『トップガン マーヴェリック』来日記者会見 撮影写真
©︎ THE RIVER

トム:それから、ジェリー・ブラッカイマーからも学ばさせていただきました。素晴らしいプロデューサーです。若い頃に彼とご一緒できていて、幸運です。彼が何十年も最高の娯楽映画を作り続けていることも。『ビバリーヒルズ・コップ』に『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなど、彼の大ヒット映画は枚挙にいとまがない。すごく面白くて最先端の映画ばかりです。だから、彼から学べたことも幸運でした。

彼は映画に対して非常に情熱的です。(ジェリーの方を見ながら)むしろ、どんどん情熱的になってません?現場でご一緒した時は、まるで当時から時間が経っていないような感覚でしたよ。

もちろん挑戦的な映画でしたが、でも僕たちは挑戦が好きですからね(笑)。だから楽しかった。キャストのみんなもすごく頑張りました。今日だって、みんなを連れてきたかった。会えばきっと好きになりますよ。

──(会場の記者から)ドッグファイトのシーンが前作以上に素晴らしく、感動しました。戦闘機にIMAXのカメラを搭載したり、日本製のレンズを使ったりといったことを伺っています。どういう風に撮影されたのか、その秘密を教えてください。

トム:まず、1作目の最初の時に、「必ずF-14で撮りたい」ということを話しました。トニー・スコットが小型カメラの開発にあたって、5分だけなら機内で撮影できるようになったんです。

この点をどうしようかと、数十年に渡って考え続けました。僕は自分でも飛行機やジェット機を操縦するんですが、どこへ行っても『トップガン』の続編を求められる。そこで、もし作るなら、どうアプローチしようかと考え続けました。そこで、空撮のやり方や仕組みの検討を続けました。時間と共に、技術も進歩し、様々なものが開発されていきました。

『バリー・シール アメリカをはめた男』(2017)の時にも、カメラを航空機の別の場所に入れ込んだんです。バイクや車の時なら、撮影に関する技術やメソッドがわかるんですけど……。(後ろ振り向いて、通訳に)タイミングおっしゃってくださいね。喋りすぎちゃったかな?

通訳さん:いえ、そんなことは。

トム:オーケイ。喋りすぎは良くないね(笑)。

カーレースの撮影をする時は、どこにカメラやレンズを配置すべきか、どんなストーリーを語っているのか、ということを考えます。曲芸飛行の訓練もやります。『トップガン マーヴェリック』の冒頭と最後に、P-51という第二次世界大戦時の飛行機が登場するんですが、あれは僕の自家用機です。僕は編隊飛行もできるし、曲芸飛行も練習しています。そういうことをやっている間でも、頭の中では映画のこととか、ストーリーのことを考えている(笑)。いつもそんな感じです。

ジェリーと僕はもう何年も映画作りについて話してきています。で、今作はどうやろうかと。『バリー・シール』や『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』でのヘリコプターの空撮シーンの時も、できるだけ技術面はどうなっているのかと注視するようにしていました。ジェリーと話をした時も、グリーンスクリーンは使わないという意向に賛同してもらえました。海軍にも「こういう風にやろうと思います」と話を持っていきました。でも、それだけでは(コックピットに)カメラを積んでやろうという話には進められない。ストーリーやキャラクターはもちろん、何ができるのかをビジュアル的に理解させる必要がありました。

ストーリー・イズ・キング(ストーリーこそが要です)。ストーリーが最も重要です。カメラのレンズを覗き見れば、どんなストーリーかが見えてきます。どこにカメラを置けるのか、どんなレンズを使うべきかが見えてきます。広角レンズなのか、ロングレンズなのか。どういう感情なのか。何が作れるのか。映画の勉強をする時には、どうすればできるのかということを……。

アートとは、才能によるものです。アーティストの才能とは、自分が強烈に作りたいもので、人に影響を与えられるということだと思います。それは笑いだったり、笑顔だったり、感情を作り出す。人を感動させるストーリーテリングです。

ジェリーと僕、そしてクリス・マッカリー(編注:『ミッション:インポッシブル』直近作の監督であり、トムの友であり、本作の脚本)とは長い時間をかけてショットについて吟味してきました。たくさん練習して、撮影をやってね。戦闘機も異なるので、F-18を入手して。「こういうことをやる」ということをみんなに理解させるところに立ち返りました。スタジオにも、役者たちにも、カメラマンにも、「こういうことをやるんです」と説きました。撮影した映像を見て、「レンズが違うな」と自分で確認しました。全てのシークエンスにアプローチできるように、技術開発もしなくてはなりませんでした。

映画とは、時に数年がかりになることもあります。ジェリーと僕は、今作について36年も話してきたんですからね。手を出してみては、やっぱり引いてみたりと36年。どこへ行っても続編を求められるもので、考えるようになって、ジェリーとも時間をかけて話し合って。自分でも時間を作って空撮の練習をやって、どんな風にストーリーを語れるかを確認しました。

海軍からもF-18の使用許可をいただけて、自分のP-51も使って。撮影して、再撮影して、再撮影して……、何度も何度も撮影して、ショットを見つけて、うまくいくストーリーを見つけていきました。だから……すごく複雑です(笑)。様々な方の努力の賜物です。どの部門の方も、プロデューサーが色々と問題解決をしなくちゃいけなかったと言いますよ。映画のプロデュースというのは、何か問題があった時のために、いかに準備をしていたかです。とりわけ、この『トップガン』では、やったことがないことばかりだった。でもジェリーはやってきた。『パイレーツ・オブ・カリビアン』とかアクション映画でね。だから彼と仕事をすると、すごく問題解決ができて素晴らしい。彼の知識と僕の知識を組み合わせて、クリス・マッカリーやジョー(監督)も一緒に、やり方を編み出したんです。そうやって撮りました。本物を撮ってね。いくつかのショットでは、僕が朝になって地形を確認して、「ここで撮ろう」と戦闘機パイロットに伝えて撮ったものもあります。もともと別のエリアの予定だったんですけど、撮りに出かけました。

『トップガン マーヴェリック』来日記者会見 撮影写真
©︎ THE RIVER

(ここまでしばらく話した後に)……撮影方法の話になると、何時間も喋っちゃう(苦笑)。できるだけ簡潔に話したかったんですけど(笑)。喋りすぎちゃってごめんなさい。話が細かいですよね。

撮影して、再撮影して、また再撮影をして。スタジオには映像を送っていなかったので、彼らはどんな内容かを理解していませんでした。僕が映画を撮るときは、(途中で)誰にも映像を見せないんです。彼らは、「なぜこの方法なのか?」と聞いてこられました。なので映像をカットして、ちょっとした映像をスタジオの大スクリーンで上映して……(ジェリーの方に向かって)覚えてますか、ジェリー?空撮の映像を披露してね。そしたら、“Oh my gosh… Okay”って。ハッハッハッハッハ(笑)。“オーケイ、進めてください。やっと理解しました”って(笑)。

ジェリー:スクリーンで観ると簡単そうに見えるけどね、簡単じゃないんだ。すごくすごく大変なんですよ。トムのような人が弛まぬ努力をしているからですよ。彼は朝早く起きて、本物のパイロットと共に役者たちが飛ぶ2時間前にブリーフィングをやるんです。

飛んでいる間の映像は見られないので、音声だけ聞いてね。降りてきてから映像を見て、ちゃんと撮れているかを確認して、また戻って撮影です。そこでまたトムや監督やパイロットや役者と共にブリーフィングをやってから戻るんですね。そういうプロセスを数ヶ月間繰り返して、ようやくお見せできる映像が出来るんです。容易なことではありません。かなり難易度が高いです。

そこで、「この機材がいる」「あの機材がいる」とか、「これはなくてもいける」ということをパイロットを決めて。トムとジョーはF-18の小さなコックピットに入る6台のカメラを設計しました。これは史上初のことです。

トム:二度とやりたくない(笑)。

ジェリー:二度とね(笑)。そうやって、6台のカメラをコックピットに入れる方法を編み出したんです。ソニーが本作のために特別なカメラを開発したんです。ボディからバッテリーが分離できるカメラなんです。機内の役者たちは自分でカメラをオン・オフして、自分で照明を扱っています。だから、演技以上のことをやったわけです。トムはまず、飛ぶ前に役者たちを地上のコクピットでリハーサルさせるんです。

方法が確立されるまでには15ヶ月もかかりました。海軍の弁護士と、万が一カメラに何かあった時に備えての話もあって。撮影を始める前の段階で、これだけの舞台裏があったんですよ。

トム:まさにエンジニアリングでした。

『トップガン マーヴェリック』来日記者会見 撮影写真
©︎ THE RIVER

ジェリー:非常に難易度の高いプロセスでした。ある時には、22台のカメラが同時に回っているということもありました。地上と、空中と。追跡する飛行機に搭載したカメラもありますからね。このプロセスは……、私は本作を“プロセス映画”と呼んでいますが、そのおかげで、普段は知り得ないような世界の内側に誘われるような作品になっています。(その世界が)どのように成り立っているかが分かりますよ。

今話したことは、製作のほんの一部です。他の部分は、素晴らしいストーリーとキャラクター。そして素晴らしいテーマです。ホテルの部屋で何ヶ月も過ごして、ライターのクリス・マッカリーやジョー・コシンスキ、トムと共にしました。最高のキャラクター、最高のストーリーを作るんだということでね。全て、トムが長年の素晴らしい知識を持っていたからこそです。それから、もちろん映画を作るということ。

トム:作り続けて、作り続けて、作り続けて。撮影して再撮影して。

『トップガン マーヴェリック』来日記者会見 撮影写真
©︎ THE RIVER

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly