Menu
(0)

Search

『トップガン マーヴェリック』7月10日公開決定、新予告&ポスター到着 ─ トム・クルーズ、伝説のパイロットとしてカムバック

トップガン マーヴェリック
(C) 2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

トム・クルーズ主演による伝説の名作『トップガン』(1986)の待望の続編、トップガン マーヴェリックの日本公開日が2020年7月10日(金)に決定した。このたび、目を見張る飛行シーンをたっぷりと収めた新たな予告編とポスタービジュアルも到着している。

[更新 2019年12月17日午前6:00]
日本公開日の決定、日本語字幕版予告映像の到着にともない、記事を全面更新しました。

『トップガン』は、米海軍のエリートパイロット養成学校「トップガン」に所属するエースパイロット候補生の挫折と栄光の日々を、みずみずしい恋と青春、戦闘機による迫力のスカイ・アクションを重ね合わせ、心に残る劇伴音楽とともに描き出して世界的大ヒットを記録。トム・クルーズをスターダムの頂点へと押し上げ、今でも『ミッション:インポッシブル』シリーズなどに並ぶ代表作として数えられる一作だ。

続編となる『トップガン マーヴェリック』では、トムが伝説のパイロット:マーヴェリック役として復帰。表舞台から遠ざかっていたが、輝かしい功績を打ち立ててきた実力を見込まれて「トップガン」に教官として戻ってくる。今回の予告編では、マーヴェリックが戦闘機に触れて万感の表情を浮かべるさまや、コックピットに乗り込んで生徒を指導する姿、そして若きパイロットたちの日常に、おなじみのメロディが重ねられている。マーヴェリックが驚くべき操縦スキルを見せるシーン、攻撃を受けていると思しき戦闘機がミサイルを回避しようとする場面など、リアルを追求した迫力の戦闘機アクションにも注目だ。マーヴェリックが教える、生と死を分ける重大な差とは……。

新たなポスタービジュアルには、2機の戦闘機が飛ぶ大空を見上げているマーヴェリックが、旧式のプロペラ機らしき機体に背を預ける姿がデザインされた。爽やかな『トップガン』の雰囲気はそのままに、空を飛ぶことへの憧憬を感じさせる、エモーショナルな仕上がりとなっている。

トップガン マーヴェリック
(C) 2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

共演者には、『セッション』(2014)のマイルズ・テラー、『ノア 約束の舟』(2014)などのアカデミー賞女優ジェニファー・コネリー、名優エド・ハリス、前作でマーヴェリックのライバルであるアイスマン役を演じたヴァル・キルマーほか。監督は『オブリビオン』(2013)でトムとタッグを組んだ、『オンリー・ザ・ブレイブ』(2017)ジョセフ・コシンスキー。脚本にはトムの盟友であり、『ミッション:インポッシブル』シリーズの脚本・監督を手がけるクリストファー・マッカリーも加わった。

映画『トップガン マーヴェリック』は2020年7月10日(金)全国ロードショー

あわせて読みたい

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly