Menu
(0)

Search

【ネタバレ解説】『トップガン マーヴェリック』伝説のビーチシーン、なぜ◯◯◯ではなかったのか ─ トム・クルーズも全力プレイ、若手はド緊張

(C) 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

この記事には、『トップガン マーヴェリック』のネタバレが含まれています。

(C) 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

なぜアメフトになったのか

『トップガン マーヴェリック』のビーチシーンで、トム・クルーズ演じる“教官”マーヴェリックと若手パイロットたちがプレイしたのは、バレーボールではなくアメフト。ジョセフ・コシンスキー監督はこれといった理由無しにスポーツを変えたわけではなく、とある強い思いからそうしたのだという。

「僕が監督を務めると知った知人は誰でも、こう言ってきました。“あのバレーボールシーンはやらなきゃダメだよ。あれが無ければ、『トップガン』映画じゃない”って。でも、手当り次第のモンタージュ映像を作ってはダメだと感じました。物語を前に進めなければって。」

ロッカールームや上空で対立することもあった1作目の訓練生たちだが、ビーチバレーのプレイ中は仲睦まじい様子で、観客には友情を育む場面として映ったことだろう。しかし、続編でコシンスキー監督が意識したのが、物語との関連性。マーヴェリックは空中戦を意識すべく、ただのアメフトではなく攻守同時並行で行うドッグファイト式アメフトを採用した。コシンスキー監督も「優秀な解決策だと思いました」と振り返る。

トム・クルーズも全力のビーチアメフト

(C) 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

物語の深掘りに徹したコシンスキー監督に対し、キャストたちに与えられた使命は、とにかく身体を鍛えることだった。とはいえ厳密に言えば、この使命は“与えられた”のではなく、名場面を再現することから生じたプレッシャーから、キャストたちは自ら“与えにいっていた”ようだ。コシンスキー監督いわく、パイロット役の俳優たちは「“ドッグファイト・アメフト本番の日”とカレンダーに書いて丸をつけていた」という。「ココナッツオイルとサンレスタンニングを塗って、“やろうぜっ”って言って。僕(監督)も全力で撮影に臨まなければいけないことは分かっていました」。

コヨーテ役のグレッグ・ターザン・デイヴィスは、ビーチシーンの撮影を控えた当時の心境について、「みんなクレイジーになってましたよ」と振り返る。「みんなで『トップガン』を観ました」とも語るデイヴィスは、理想の身体を手に入れた時を「“オー、イェス”って感じでした」と再現。鏡に向き合ってポージングする姿が目に浮かぶようだ。

(C) 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

ハングマン役を演じたパウエルは以前、撮影前夜に「全員で」筋トレに励んでいたことを明かしていたが、実際にはフェニックス役のモニカ・バルバロは遠慮していたそう。ビーチシーンについて改めて言及したパウエルは「彼女は、“私は大丈夫”って感じでした」と証言。一方、自身については「男勢はすごく不安がっていて、高タンパク食を摂取しまくっていました」と語り、「ビーチでも抵抗バンドとウエイトをやって、アメフト前は最後のパンプアップをしていました」と本番直前まで追い込みに励んでいたことを告白した。

トップガン マーヴェリック
(C) 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

並々ならぬ緊張感の下、撮影に励んだ若手たちだが、ビーチシーンの先輩であるトム・クルーズはというと……?コヨーテ役のデイヴィスは、撮影当時のトムの様子をこう説明している。

トムが走ってスタートを切ったら、全員の間を駆け抜けていきました。

さすがはトム、疾風のごとく全力ダッシュだったようだ。トムといえば、初期の主演作『トム・クルーズ/栄光の彼方に』(1983)の才能あるアメフト高校生役で迫力のプレーを見せていたが、『トップガン マーヴェリック』でのトムは、さながら史上最高のクオーターバックとも称される現役アメフト選手のように映ったという。「トム・ブレイディかと思いましたよ」とデイヴィスは語っている。

このようにして再現された伝説のビーチシーンだが、無事撮影を終えた若手キャストには、思わぬ事態が待ち受けていたそう。「思いっきり楽しみましたよ」と撮影後を振り返ったハングマン役のパウエルは「夕食後すぐに電話を受け取ったんです」と回顧。受話器越しにこう伝えられたという。

「雰囲気は掴めたけど、もっと撮る必要があるんだ。数週間後に再撮影ね。」

衝撃の伝令を言い渡された若手キャストたちの気持ちは想像するに難くないが、祝福ムードに包まれていたというキャスト一同の反応はというと……なんと開き直ったそうだ。パウエルはこう証言する。「1人の人間が食べられる量よりも多いポテトフライを飲み干しました」。

映画『トップガン マーヴェリック』は公開中。

あわせて読みたい

Source: USA Today

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly