Menu
(0)

Search

『トップガン マーヴェリック』主題歌担当を降板した米バンド、経緯と複雑な思いを語る

トップガン マーヴェリック
(C) 2022 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

80年代の名作『トップガン』(1986)36年ぶりの続編『トップガン マーヴェリック』で主題歌『Hold My Hand』を手がけたのは、世界的アーティストのレディー・ガガ。すでに曲入りの予告編も公開されており、アップビートな「Danger Zone」と対照的なエモーショナルなメロディが涙を誘う。

ところが、本作の主題歌担当には当初、アメリカを拠点に活動する2人組バンド、トゥエンティ・ワン・パイロッツ(TWENTY ØNE PILØTS)が起用されていたことが分かった。同バンドは、映画『スーサイド・スクワッド』(2016)のサウンドトラックに参加したことでも知られるが、このたびフロントマンのタイラー・ジョセフが降板に至った経緯を米ラジオ番組で語っている。

ジョセフによれば、トゥエンティ・ワン・パイロッツの『トップガン マーヴェリック』への参加は、製作・配給を務める米パラマウント・ピクチャーズからの打診がきっかけだったという。すでに曲の構想も考えられ始めていたなか、降板することになった理由は何だったのか。

「僕は、『トップガン』の新作のための曲作りを音楽担当の方と行っていました。それから確か、トム・クルーズがやって来て、全員を解雇したんです。彼が手に入れた新しい『トップガン』を見ましたよね?(最初の)予告編が公開されて3年が経ちますけど、あれから幾つかの点検がなされたんです。僕もその一部だったけど、彼らは前に進みました。」

「解雇」というワードを選んだジョセフのコメントからは名残惜しさも伝わるが、プロデューサーを兼任するトムはトゥエンティ・ワン・パイロッツの参加を知らなかったのだろうか。ジョセフは、降板の時期を「映画の一部を見せてもらい、彼らの要求するものを説明してもらってすぐだった」と明かしている。「それから僕は、全面交代を告げられました」。

トムが担当変更を言い渡した理由は定かでないものの、仮に創造性の相違があったとすれば、それは見逃せなかったはずだ。トムはガガが手がけた『Hold My Hand』について、米トーク番組で「彼女が書いてくださった曲はぴったりとはまり、映画の源となる音楽、鼓動となりました」と語っていた。

Source: KRQQ(参照:Indiewire), The Late Late Show

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly