Menu
(0)

Search

トム・クルーズ主演『トップガン2』音楽にハンス・ジマーが決定! 前作担当ハロルド・フォルターメイヤーも再登板

ハンス・ジマー
Photo by JannikSet1 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Hans_zimmer_2014.jpg Remixed by THE RIVER

トム・クルーズ主演映画『トップガン』(1986)の続編『トップガン2(仮題)』の音楽を、現代の映画音楽を牽引する名作曲家ハンス・ジマーが担当することがわかった。

Film Music Reporterによると、2018年10月19日(現地時間)にオーストリア・ウィーンにて開催されたコンサート「Hollywood in Vienna」にハンスが出演した際、トム・クルーズからのビデオメッセージによって告知されたという。

このたびの情報では、『トップガン2』ではハンスが音楽を手がけるほか、前作で作曲を担当したハロルド・フォルターメイヤーも再登板するとのこと。トムは以前から『トップガン』の音楽を再び使用する方針を示していたため、これ自体は当然の流れだ。ただしハロルドは『コップ・アウト ~刑事した奴ら~』(2010)以来作曲活動を行っておらず、本作のために新曲を書き下ろすのかは不明。一方で、ハロルドの楽曲をハンスがアレンジするという形でのコラボレーションもありうるだろう。

『ブレードランナー 2049』(2017)や『ダンケルク』(2017)などで近年ますますハリウッドでの存在感を高めているハンスは、今後『妻たちの落とし前』(2019年4月公開)や『X-MEN: ダーク・フェニックス(邦題未定、原題:Dark Phoenix)』(2019)、『ワンダーウーマン 1984(邦題未定、原題:Wonder Woman 1984)』、そしてディズニーによる実写映画版『ライオンキング(邦題未定、原題:The Lion King)』と数々の作品で音楽を担当する。さて、『トップガン』の世界ではどんな音楽を聴かせてくれるのだろうか?

本作にはマーベリック役を演じるトム・クルーズのほか、アイスマン役のヴァル・キルマーが復帰。新キャストとして、前作で死亡したマーヴェリックの親友グースの息子役を『セッション』(2014)や『オンリー・ザ・ブレイブ』(2017)のマイルズ・テラーが演じるほか、『レクイエム・フォー・ドリーム』(2000)や『ビューティフル・マインド』(2001)のジェニファー・コネリー、『ベイビー・ドライバー』(2017)のジョン・ハム、ドラマ「ウエストワールド」(2016-)などの名優エド・ハリスらが出演する。『ドリーム』(2017)のグレン・パウエルも出演交渉に入ったと伝えられた。

映画『トップガン2(仮題)』は2020年6月26日に米国公開予定。監督は『オンリー・ザ・ブレイブ』のジョセフ・コシンスキー、脚本は『ホース・ソルジャー』(2018)のピーター・クレイグらが担当する。

Source: Film Music Reporter
Eyecatch Image: Photo by JannikSet1 Remixed by THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly