Menu
(0)

Search

『トイ・ストーリー4』少女ボニー役に『アントマン&ワスプ』子役を起用 ─ 声優交代、前作に続いての登場

トイ・ストーリー

ディズニー/ピクサー映画『トイ・ストーリー4』に、『アントマン&ワスプ』(2018)でホープ・ヴァン・ダインの少女時代を演じた子役マデリーン・マックグロウが出演していることがわかった。米Deadlineが報じている。

マデリーンが演じるのは、前作『トイ・ストーリー3』(2010)で、ウッディやバズをはじめとするオモチャたちをアンディから譲り受けた少女ボニー。先日公開されたUS版予告編では新キャラクターのフォーキーを作り出す場面も収められているように、今回は“物語のはじまり”を担う役割となりそうだ。


『トイ・ストーリー3』ののち、ボニーは短編作品『ハワイアン・バケーション』(2011)、『ニセものバズがやってきた』(2011)、『レックスはお風呂の王様』(2012)、『トイ・ストーリー・オブ・テラー!』(2013)、『トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールド』(2014)のシリーズ計6本に登場。これまでは2000年生まれの女優エミリー・ハーンが演じてきたが、このたび本人の成長ゆえだろう、声優を交代しての再登場となる。

“2代目ボニー”であるマデリーン・マックグロウは、『アントマン&ワスプ』のほか、これまで『アメリカン・スナイパー』(2014)や『パシフィック・リム:アップライジング』(2018)、ドラマ「アウトキャスト」(2016-2017)などに出演。最新作は『死霊館』ユニバースの一作となる『ラ・ヨローナ ~泣く女~』(2019年5月10日公開)だ。

なお『トイ・ストーリー4』にはボー・ピープが再登場するほか、新キャラクターとして「オモチャじゃない」フォーキー、ぬいぐるみのダッキー&バニー、スタントマンのオモチャであるデューク・カブーンなどが登場。ダッキー&バニー役は『ザ・プレデター』(2018)のキーガン=マイケル・キーと『ゲット・アウト』(2017)監督のジョーダン・ピールが、デューク・カブーン役は『マトリックス』『ジョン・ウィック』などでおなじみキアヌ・リーブスが演じる。

映画『トイ・ストーリー4』は2019年7月12日(金)全国ロードショー

『トイ・ストーリー4』公式サイト:https://www.disney.co.jp/movie/toy4.html

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly