Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』国内興収20億円を突破 ─ シリーズ歴代記録更新に期待かかる

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
© 2019 and TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

スター・ウォーズ』スカイウォーカー・サーガの完結編、映画スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けが2019年12月20日(金)に世界各国で公開され大ヒットとなっている。日本国内では、公開から6日目の12月25日(水)までに興行収入21億6,360万円、動員142万人を突破したことがわかった。

以前の発表によると、『スカイウォーカーの夜明け』はオープニング3日間で興行収入15億7,046万円、動員101万8,851人を記録。『アベンジャーズ/エンドゲーム』を抜いて、2019年の実写映画オープニングNo.1の座を射止めていた。最終興収120億円を記録した『アラジン』(2019)の、初動興収13億9,660万円、動員95万人という初動記録も抜いたことから、『スター・ウォーズ』史上最高の国内興収も期待されている。

早くも20億円というひとつめの大台を突破した『スカイウォーカーの夜明け』には、劇場に『スター・ウォーズ』の歴史を見守ってきたファンだけでなく、『フォースの覚醒』(2015)以降のファンといえる10~20代の学生や子供連れのファミリー層、さらには新規ファンが足を運んでいるとのこと。また、IMAXなどの巨大スクリーンや4DX、MX4D、ドルビーなど、ハイスペックな上映環境での観客が全体の30%以上を占めているのも特徴だ。いよいよやってくる年末年始、この冬一番の大ヒットとなっている本作はどこまで数字を伸ばすのか。続報にも注目したい。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は2019年12月20日(金)より公開中

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly