Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』上映時間、シリーズ史上最長なるか ─ 米映画館が情報を告知

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(エピソード9)
(The Walt Disney Company/Image Group LA) OSCAR ISAAC, JOHN BOYEGA, DAISY RIDLEY

スター・ウォーズ』シリーズ全9作品(スカイウォーカー・サーガ)の完結編となる、映画スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けが、シリーズ史上最長の上映時間となる可能性が出てきた。米国の大手映画館チェーン「AMC Theatres」のウェブサイトにて上映時間が告知され、メディアやファンの間で話題を呼んでいる。

米国でのチケット発売開始に際し、AMCは『スカイウォーカーの夜明け』の上映時間を155分(2時間35分)と発表。通常、AMCはスタジオからの通知を受けて上映時間を掲載するとアナウンスしているため、本作についても、ひとまずウォルト・ディズニー/ルーカスフィルムからの通知があったものとみられる。今後、情報に変更がなければ、『スカイウォーカーの夜明け』は、前作『最後のジェダイ』(2017)の152分(2時間32分)を抜いてシリーズ史上最長となる

https://www.amctheatres.com/movies/star-wars-the-rise-of-skywalker-53726 [2019年10月23日14時時点]

なお、このたび公開された上映時間の情報には、今後変更が加えられる可能性がある。『スター・ウォーズ』などの大作映画が、公開から約2ヶ月前の時点で完成していることは稀であり、編集やVFX作業などのポストプロダクションは現在も進行中とみられるためだ。脚本・監督のJ・J・エイブラムスが自身の編集作業を終えている可能性はあるが、VFXなどの合成後に再度調整が施され、上映時間に変更が生じるケースもある。近年のケースでいえば、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)は最初に上映時間が発表されたのち、約7分の短縮が行われていたのだ。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は2019年12月20日(金)日米同時公開

Source: AMC

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly