Menu
(0)

Search

DC映画『ザ・スーサイド・スクワッド』シルベスター・スタローンの役柄が判明

シルベスター・スタローン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/7588423560/

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガン監督によるDC映画ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』で、重鎮シルベスター・スタローンが演じている役柄が明らかになった。

待望の予告編が公開されたのち、ガン監督はTwitterにて、スタローンがキング・シャーク役を演じていることを発表。ボイスキャストとしての出演となるが、その存在感は予告編でも十分に発揮されている。ガン作品らしい軽口とユーモアを叩いたり、敵を食べたり真っ二つに引き裂いたりする暴れっぷりに注目だ。

キング・シャークは、ハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)やブラッドスポート(イドリス・エルバ)、ポルカドットマン(テヴィッド・ダストマルチャン)、サヴァント(マイケル・ルーカー)、シンカー(ピーター・キャパルディ)、ブラックガード(ピート・デヴィッドソン)らとともに、悪名高い「スーサイド・スクワッド」の一員として孤島に送り込まれる。一同は刑期短縮を賭けた任務に挑むが、彼らの首には爆弾が埋め込まれており、もし裏切ったり失敗したりすれば、容赦なく爆死の道が待っているのだ。

『ザ・スーサイド・スクワッド』にスタローンが出演していることが明らかになったのは2020年11月中旬のこと。ガン監督とは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017)以来の再タッグとなるが、その役柄は伏せられてきた。ちなみにキング・シャークの声優には、同じく出演が判明しているタイカ・ワイティティではないかと予想する声もあった。現在でもタイカをはじめとする複数の出演者は役どころが発表されていないが、さて、いったいどんな形で登場するのか…?

映画『ザ・スーサイド・スクワッド ”極”悪党、集結』は2021年夏、全国公開予定。

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。外部寄稿に『TENET テネット』『ジョーカー』『シャザム!』『ポラロイド』劇場用プログラム寄稿など。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly