Menu
(0)

Search

映画『アンチャーテッド』のアクション、トム・ホランド史上最大「傷やあざがヤバかった」

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム バリ 記者会見 トム・ホランド
©THE RIVER

米ソニー・ピクチャーズ製作、人気ゲームの実写映画版『アンチャーテッド(原題:Uncharted)』では、大規模で激しすぎるアクションシーンが堪能できそうだ。主演を務めるトム・ホランドが期待させている。

『アンチャーテッド』映画版では、ゲームの主人公であるネイサンの“語られざる若き日の物語”が描かれる。撮影はすでに終了しており、2022年2月の米公開を目指してポスト・プロダクション(撮影後作業)が進行中だ。

ネイサンを演じるトムは以前、脚本について「今までに読んだ中で一番の出来」と絶賛していた。そして今回、本作について再び“今までに一番”と感じる事を明かしている。それが、壮大な冒険譚が期待される本作でのアクションシーンだ。トムは、米Varietyのポッドキャストにて「今まで僕が携わった(企画の)中で一最大のアクションシークエンス(シーン)です」と予告している。「僕がワイヤーに吊られたり落ちたりした時に出来た傷やあざ、食らった一撃とかはヤバかったですよ」。

この言葉に従えば、『アンチャーテッド』で見られるアクションシーンは、トムの代表作『スパイダーマン』シリーズ超えということになる。『アンチャーテッド』の撮影で「脚に史上最大のアザができた」ともトムは告白していたから、“今までで一番”激しいアクションシーンが期待できそうだ。

出演者には、主人公ネイサンの師匠であり相棒のビクター・“サリー”・サリバン役を『パトリオット・デイ』(2016)のマーク・ウォールバーグが演じるほか、『デスペラード』(1995)『ペイン・アンド・グローリー』(2019)などのアントニオ・バンデラス、『トゥルース・オア・デア 〜殺人ゲーム〜』(2018)のソフィア・アリ、Netflixドラマ「サブリナ:ダーク・アドベンチャー」(2018-)のタティ・ガブリエルらが共演。監督は『ヴェノム』(2018)のルーベン・フライシャー、脚本は『トランスフォーマー:最後の騎士王』(2017)『モービウス』(2021)のアート・マーカム&マット・ホロウェイが務める。

映画『アンチャーテッド』は2022年2月11日に米公開予定。

Source: Variety’s Awards Circuit

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly