Menu
(0)

Search

『キングスマン』マシュー・ヴォーンのスパイシリーズ、ヘンリー・カヴィルが出演 ─ ジョン・シナ&サム・ロックウェルらも参加

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ヘンリー・カヴィル インタビュー
©THE RIVER

『キングスマン』『キック・アス』シリーズのマシュー・ヴォーンによるスパイ・アクション映画『Argylle(原題)』に出演する豪華俳優陣が一挙発表された。

Deadlineによると、『コードネーム U.N.C.L.E.』(2015)などのヘンリー・カヴィル、「ブレイキング・バッド」(2008-2013)のブライアン・クランストン、『ホーム・アローン』シリーズのキャサリン・オハラ、『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』(2021)のジョン・シナらが参加しており、イギリスのシンガーソングライター、デュア・リパも本作で役者としてデビューするとのこと。デュア・リパはタイトル・トラックとスコアにオリジナル曲も提供するという。また以前明らかになっていたブライス・ダラス・ハワードサミュエル・L・ジャクソン、サム・ロックウェルも名を連ねている。

錚々たる俳優陣が集結する『Argylle』は、エリー・コンウェイによる2022年出版予定の同名小説を原作とした作品。世界最高のスパイであるアーガイルが、アメリカやロンドンなど世界を股にかけた冒険に巻き込まれていく。以前の報道では、ベストセラー小説家が主人公で、スパイとして世界を股にかけていたものの、記憶喪失によりその背景を忘れてしまったという設定の物語が描かれると伝えられていたが、このたびの報道では同情報については明記されていない。

シリーズ化もすでに検討されており、少なくとも3本は製作されるという『Argylle』。そんな本作の脚本を担当するのは、『ワンダーウーマン』(2017)のジェイソン・フックスだ。監督・製作を兼任するマシュー・ヴォーンは、本作の発表に際して「初期の原稿を読んだとき、イアン・フレミングの1950年代の小説以来、最も素晴らしく、オリジナリティにあふれたスパイシリーズだと感じました。これはスパイジャンルに改革を起こすことになるでしょう」と述べている。撮影はヨーロッパにて、2021年8月にも開始予定とのことだ。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly