Menu
(0)

Search

『キングスマン』マシュー・ヴォーンのスパイシリーズ、ヘンリー・カヴィルが出演 ─ ジョン・シナ&サム・ロックウェルらも参加

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』ヘンリー・カヴィル インタビュー
©THE RIVER

『キングスマン』『キック・アス』シリーズのマシュー・ヴォーンによるスパイ・アクション映画『Argylle(原題)』に出演する豪華俳優陣が一挙発表された。

Deadlineによると、『コードネーム U.N.C.L.E.』(2015)などのヘンリー・カヴィル、「ブレイキング・バッド」(2008-2013)のブライアン・クランストン、『ホーム・アローン』シリーズのキャサリン・オハラ、『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』(2021)のジョン・シナらが参加しており、イギリスのシンガーソングライター、デュア・リパも本作で役者としてデビューするとのこと。デュア・リパはタイトル・トラックとスコアにオリジナル曲も提供するという。また以前明らかになっていたブライス・ダラス・ハワードサミュエル・L・ジャクソン、サム・ロックウェルも名を連ねている。

錚々たる俳優陣が集結する『Argylle』は、エリー・コンウェイによる2022年出版予定の同名小説を原作とした作品。世界最高のスパイであるアーガイルが、アメリカやロンドンなど世界を股にかけた冒険に巻き込まれていく。以前の報道では、ベストセラー小説家が主人公で、スパイとして世界を股にかけていたものの、記憶喪失によりその背景を忘れてしまったという設定の物語が描かれると伝えられていたが、このたびの報道では同情報については明記されていない。

シリーズ化もすでに検討されており、少なくとも3本は製作されるという『Argylle』。そんな本作の脚本を担当するのは、『ワンダーウーマン』(2017)のジェイソン・フックスだ。監督・製作を兼任するマシュー・ヴォーンは、本作の発表に際して「初期の原稿を読んだとき、イアン・フレミングの1950年代の小説以来、最も素晴らしく、オリジナリティにあふれたスパイシリーズだと感じました。これはスパイジャンルに改革を起こすことになるでしょう」と述べている。撮影はヨーロッパにて、2021年8月にも開始予定とのことだ。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly