Menu
(0)

Search

『マイティ・ソー ラブ&サンダー』はクレイジーすぎて「文字にしたら意味がわからんと思う」とワイティティ

タイカ・ワイティティ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/36201776766/

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の風雲児タイカ・ワイティティが新たに放つマイティ・ソー /ラブ&サンダー(原題:Thor: Love and Thunder)』は、おそらくMCUの中でもぶっちぎりでクレイジーな作品になりそうだ。

「ここだけの話、僕って今までの人生で、結構ヤバいことやってきたんですよ」と英Empireに語るワイティティ。ぜんぜん「ここだけの話」じゃないと思うが、言いたいことは分かる。そんなワイティティは、「でも、これは僕がやってきた中でもダントツでヤバいやつ」と続けている。

もしこの映画の内容を文字で書き出したら、意味わからんと思います」と、自分で言っちゃうワイティティ。どれくらい意味わからんのかというと、「こんな映画作らないほうがいいんじゃないかってくらい」というから、相当ヤバいんだろう。「もしも会議で“これとこれとこれをやりたい”って言ったら、誰も乗ってこないでしょう。で、タイトルは何ですかって聞かれたら、『ラブ&サンダー』です、っつって。仕事なくなりますわ。たぶんもう今回で終わりですね」。

一体どんなハチャメチャな作品になっているのだろう。ワイティティ監督は、シリーズ前作『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)でも型破りな作風を炸裂させたが、今作は「『バトルロイヤル』とはぜんぜん違う。もっとクレイジー」と予告している。「どう違うかって、今作はもっとエモーショナルだし、もっとラブだし、もっとサンダーだし、もっとソー」。なるほど、わからん。

『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』出演はソー役クリス・ヘムズワースのほか、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』からピーター・クイル/スター・ロード役のクリス・プラットも参戦。今作について「すごく驚愕すると思います。まさにネクストレベル」と語っていた

ほか、テッサ・トンプソン、ナタリー・ポートマン、ジェイミー・アレクサンダーや、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のデイヴ・バウティスタ、カレン・ギラン、ショーン・ガンに加え、クリスチャン・ベールやラッセル・クロウといった名優も加わる。つまり、彼ら全員がこのクレイジーすぎる物語に巻き込まれる(?)というわけだ。

映画『マイティ・ソー/ラブ&サンダー(原題:Thor: Love and Thunder)』は、2022年5月6日に米国公開予定。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly