Menu
(0)

Search

『マイティ・ソー ラブ&サンダー』はクレイジーすぎて「文字にしたら意味がわからんと思う」とワイティティ

タイカ・ワイティティ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/36201776766/

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の風雲児タイカ・ワイティティが新たに放つマイティ・ソー /ラブ&サンダー(原題:Thor: Love and Thunder)』は、おそらくMCUの中でもぶっちぎりでクレイジーな作品になりそうだ。

「ここだけの話、僕って今までの人生で、結構ヤバいことやってきたんですよ」と英Empireに語るワイティティ。ぜんぜん「ここだけの話」じゃないと思うが、言いたいことは分かる。そんなワイティティは、「でも、これは僕がやってきた中でもダントツでヤバいやつ」と続けている。

もしこの映画の内容を文字で書き出したら、意味わからんと思います」と、自分で言っちゃうワイティティ。どれくらい意味わからんのかというと、「こんな映画作らないほうがいいんじゃないかってくらい」というから、相当ヤバいんだろう。「もしも会議で“これとこれとこれをやりたい”って言ったら、誰も乗ってこないでしょう。で、タイトルは何ですかって聞かれたら、『ラブ&サンダー』です、っつって。仕事なくなりますわ。たぶんもう今回で終わりですね」。

一体どんなハチャメチャな作品になっているのだろう。ワイティティ監督は、シリーズ前作『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)でも型破りな作風を炸裂させたが、今作は「『バトルロイヤル』とはぜんぜん違う。もっとクレイジー」と予告している。「どう違うかって、今作はもっとエモーショナルだし、もっとラブだし、もっとサンダーだし、もっとソー」。なるほど、わからん。

マイティ・ソー/ラブ&サンダー』出演はソー役クリス・ヘムズワースのほか、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』からピーター・クイル/スター・ロード役のクリス・プラットも参戦。今作について「すごく驚愕すると思います。まさにネクストレベル」と語っていた

ほか、テッサ・トンプソン、ナタリー・ポートマン、ジェイミー・アレクサンダーや、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のデイヴ・バウティスタ、カレン・ギラン、ショーン・ガンに加え、クリスチャン・ベールやラッセル・クロウといった名優も加わる。つまり、彼ら全員がこのクレイジーすぎる物語に巻き込まれる(?)というわけだ。

映画『マイティ・ソー/ラブ&サンダー(原題:Thor: Love and Thunder)』は、2022年5月6日に米国公開予定。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly