『ヴェノム』R指定映画にならない可能性が浮上 ─ スパイダーマンとの将来的な共演を考慮か

米ソニー・ピクチャーズ製作『スパイダーマン』シリーズのスピンオフ映画ヴェノムは、残虐でバイオレントな作品になることが期待されていた。ところが、どうやらソニー幹部は本作をR指定にすることへ前向きではないようだ。Varietyが報じている。

2018年8月1日に公開された『ヴェノム』予告編映像では、「まずは両手両足を喰ってやる。次に顔を喰いちぎる。手足も顔もないお前は、通りに転がるクソだ」と笑いながら男に喰らいつく場面など、ヴェノムの凶暴さが際立つシーンが非常に目立っている。演じるトム・ハーディも、「人の頭を噛みちぎるし、みなさんの予想しないこともする」とヴェノムの凶暴性を明かしていた

近年、『デッドプール』シリーズや『ローガン』(2017)といったR指定のヒーロー映画が成功を収めていることからも、『ヴェノム』がR指定になることも不思議ではない。しかし米Varietyの報道によると、ソニー幹部は本作をPG-13ギリギリで収めたいと考えているらしい。

PG-13:「13歳未満の鑑賞には、保護者の強い同意が必要」とする注意喚起。あくまで年齢制限ではない。

ヴェノム

©&TM 2018 MARVEL

その理由として挙げられているのが、トム・ホランド演じるスパイダーマンとの将来的なクロスオーバー。スパイダーマンといえば「親愛なる隣人」として、子供から大人まで幅広い層に愛される人気キャラクターだ。映画『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)も、全年齢が鑑賞できる明るいテイストの映画に仕上がっている。ディズニー/マーベル・スタジオが展開する他のマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の作品も同様に、幅広い年齢層が楽しめる映画となっており、R指定のものは一つもない。

ソニー幹部としては、ヴェノムが将来的にスパイダーマンやMCUのヒーローとクロスオーバーできるよう、映画のトーンを彼らの映画に近づけたいと考えているそうだ。そのため、ハーディと本作の監督ルーベン・フライシャーは、作品にユーモアを加えようと試みているとも伝えられている。

ヴェノム 日本版ポスター

©&TM 2018 MARVEL

ちなみに『スパイダーマン』シリーズを手がけてきたプロデューサーのアヴィ・アラッド氏は以前、子どもたちもヴェノムを大好きになりますよ。(子どもたちの)アンチ・ヒーロー的な感性を惹きつけると思います。すごく楽しみですね。」とコメントしていた

確かにR指定の作品となっては、「子どもたちもヴェノムを大好きに」なることは出来ない。「最も残虐な悪」ヴェノムを、過激なR描写でタップリ観てみたいものの、やはりスパイダーマンとも共演を果たして欲しい。ファンとしては非常に悩ましいところだ。

映画『ヴェノム』は2018年11月2日(金)より全国ロードショー。

『ヴェノム』公式サイト:http://www.venom-movie.jp/

Sources: Variety

About the author

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。