スパイダーマンのスピンオフ『ヴェノム』に名優ウディ・ハレルソンが出演交渉中 ― 『ハン・ソロ』『ハンガーゲーム』ほか出演

米ソニー・ピクチャーズが主導する、スパイダーマンのスピンオフ映画『ヴェノム(原題:Venom)』に、名優ウディ・ハレルソンが出演する見込みであることがわかった。米Variety誌によれば、現在ウディは契約交渉中であるという。

ウディ・ハレルソン

LBJ Library photo by Gabriel Cristóver Pérez ( https://www.flickr.com/photos/lbjlibrarynow/30416968941/ )

『ヴェノム』で主人公のエディ・ブロック/ヴェノムを演じるのは、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)や『ダンケルク』(2017)など数々の話題作に出演するトム・ハーディ。絶大な人気を誇るダークヒーローを、初挑戦となるモーションキャプチャーで演じるという。そのほか『ローグ・ワンスター・ウォーズ・ストーリー』(2016)のリズ・アーメッドや『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(2016)のミシェル・ウィリアムズらが出演交渉に参加したと報じられている。


Variety誌の報道によれば、ウディが『ヴェノム』で演じる役どころは「ショボい子分」で、その詳細は不明。しかし、わざわざウディをキャスティングしておいて、本当にただのショボい子分で終わるわけがなさそうだが……。

幅広いフィルモグラフィで多様な演技を見せるウディは、近年『ハンガーゲーム』シリーズ(2012-2015)や『猿の惑星:聖戦記』(2017)、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018年6月29日公開)などジャンル映画への出演が相次いでいる。最新作『スリー・ビルボード』(2018年2月1日公開)の演技が高く評価されるなか、初挑戦となるマーベル映画でどんな表情を見せてくれるのだろうか。

『ヴェノム』の脚本は『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(2018)のスコット・ローゼンバーグと『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)のジェフ・ピンクナーが執筆。監督を務めるのは、『ゾンビランド』(2009)でウディとのタッグを経験済みのルーベン・フライシャーだ。なお、2017年10月下旬より製作は本格始動しているとみられる。

 

映画『ヴェノム』は2018年10月5日に米国公開予定

Source: http://variety.com/2017/film/news/venom-woody-harrelson-tom-hardy-1202563687/
Eyecatch Image: Photo by ludoviς ( https://www.flickr.com/photos/ludovic_/4426964796/ )
Remixed by THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。