Menu
(0)

Search

『ヴェノム』続編情報まとめ ─ 『レット・ゼア・ビー・カーネイジ』凶悪ヴィランが覚醒

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

マーベル・コミック屈指のダークヒーロー、ヴェノムが帰ってくる。

トム・ハーディ主演『ヴェノム』(2018)の続編映画、ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジは2021年内に日本公開されることが決定済み。アメリカ本国では9月24日に公開予定だ。最凶の宿敵・カーネイジの登場で、早くからコミックファンの注目をさらった本作を改めてチェックしてみよう。

ジャーナリストのエディ・ブロック(トム・ハーディ)と、エディの身体に寄生した地球外生命体[シンビオート]のヴェノムは、「悪人以外を食べない」というルールのもとで“共同生活”を送っていた。しかし、ヴェノムは厳しい食事制限のためにストレスフルな毎日。そんな中、エディは刑務所にて、クレタス・キャサディ(ウディ・ハレルソン)という死刑囚に再会する。

クレタスは過去に幾度となく猟奇殺人を繰り返してきたシリアルキラーで、いまや死刑の執行を待つ身となっていた。クレタスは「私の秘密を教えようか」とほほえみ、エディに異様な興味を示す。そればかりか、クレタスはエディの腕に噛みつき、その血液が普通の人間とは異なっていることに気づくのだった。そして死刑執行の時、クレタスは“虐殺”を意味する最凶のヴィラン、カーネイジへと覚醒する……。

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ
©2021 CTMG. © & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

ヴェノムとカーネイジ、そしてシュリーク

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』を手がけたのは、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのゴラム役、『猿の惑星』シリーズのシーザー役、そして『スター・ウォーズ』続3部作のスノーク役など、さまざまなモーションキャプチャーを演じてきた俳優のアンディ・サーキス。監督としても活躍するアンディは、“人間ならざる存在”を演じるスキルを『ヴェノム』に活かした。

「すべてのシンビオートには宿主が反映される」と言う監督によると、ヴェノムが力まかせの肉体派だとすると、カーネイジは「(宿主である)クレタスと同じく、心身を巧みに操る」タイプ。「カーネイジには恐ろしさや遊び心、ウィット、奇妙さがありますが、それはクレタスの持つ本物の知性とユーモアセンスを反映したもの」と語った。宿主のパーソナリティを反映したカーネイジは、形態をさまざまに変化させて戦うため、文字通り“つかみどころのない”ヴィラン。いわく「まるでタコと戦っているかのよう」だという。

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.
ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ
©2021 CTMG. © & ™ 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

ストーリーのベールは謎に包まれているが、どうやらエディがクレタスを訪ねるのは、とある使命があるためだとか。前述のように、クレタスはエディに惹かれており、エディにだけ語りかける。それゆえエディは警察の依頼を受け、クレタスが殺害した被害者の遺体の場所を聞き出すことになる。エディとクレタスの関係性について、アンディは「お互いに奇妙な生い立ちがあり、両親や家族との奇妙な関係がある。生まれ持った孤独を互いに感じるのです」と話した。

ここに関わってくるのが、同じく刑務所に収監されているシュリーク(ナオミ・ハリス)だ。予告編では超音波を操る様子も見ることができたが、彼女はエディ&クレタス、ヴェノム&カーネイジにどう関わってくるのか。二人と共通するのは、シュリークもまた「少女時代に深い傷を負い、長年孤独の中で生きてきた」人物だということ。「彼女には自分自身の倫理観があるけれども、一線を越えると、極めて危険なダークサイドが現れる」のだと監督は語った。

ちなみに続編には、エディの元婚約者であるアン・ウェイング(ミシェル・ウィリアムズ)も再登場。しかし予告編でもうかがえるように、アンの状況も大きく変わっているらしい。エディとの関係性がどうなっているのか、ヴェノムの物語にアンがどう関わり直すのかもひとつの見どころ。このように整理していくと、エディ&ヴェノム、エディ&アン、エディ&クレタスという1対1の人間ドラマが並走し、ここにカーネイジやシュリークの存在が絡んでくる構造もおぼろげに見えてくる。

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ
©2021 CTMG. © & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.
ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ
©2021 CTMG. © & TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

ところで『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』は、『ヴェノム』の続編でありながら、ソニー・ピクチャーズが展開するマーベル作品をさらに拡大する一作にもなりそうだ。犯罪者の収容施設・レイヴンクロフト(Ravencroft)はコミックでもおなじみの場所であり、監督いわく「多くは語りませんが、ここには世界最悪のスーパーヴィランたちが住んでいる」とのこと。「マーベル・ユニバースのほかのキャラクター、特にスパイダーマンの物語に繋がる場所への新たな入り口です」。

脚本は前作『ヴェノム』や『クルエラ』(2021)原案を執筆した新鋭ケリー・マーセル。主演のトム・ハーディはケリーとともに原案を担当し、製作も兼任した。音楽は前作のルドウィグ・ゴランソンに代わり、『クワイエット・プレイス』シリーズや『フォードvsフェラーリ』(2019)などのマルコ・ベルトラミが担当する。撮影監督はクエンティン・タランティーノやマーティン・スコセッシ作品を多数手がけてきたロバート・リチャードソン。

なお、日本語吹替版ではエディ・ブロック役に諏訪部順一、ヴェノム役に歌舞伎俳優の中村獅童、アン役に中川翔子が続投。クレタス・キャサディ役は内田直哉が務める。

映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』 は2021年全国ロードショー。

Source: IGN

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly